上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
T0013291p.jpg
OBLIVION

2013年度作品
124分 / アメリカ
監督・・・ジョセフ・コシンスキー
役者・・・トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、アンドレア・ライズブロー、ニコライ・コスター=ワルドー、メリッサ・レオ、ゾーイ・ベル
キャッチコピー何故、彼は人類のいない地球に残されたのか――? 


oblivion-tom-cruise-in-futuristic-vehicle (800x450)

oblivion-Victoria (800x391)

oblivion-drone-faceoff (800x525)

117 (800x532)

oblivion (800x589)

oblivion-9 (800x421)

li-oblivion-freeman-waldau-cp-04293048 (800x449)

Oblivion_G_18 (800x421)

gallery13 (800x518)

Oblivion-Tom_Cruise-Olga_Kurylenko-004 (800x421)

Oblivion -- Olga Kurylenko as Julia (800x452)

oblivion-tom-cruise-olga-kurylenko (800x421)

Tom_Cruise-Joseph_Kosinski-Oblivion (800x466)

data (800x421)




 監督はあのSF超大作「トロン:レガシー」を撮ったジョセフ・コシンスキー


 同作品は当時劇場にてIMAX3Dというベストな環境で見た作品で、映像、音、ストーリー、そしてダフトパンクの音楽全てが第一級で衝撃を受けた大好きな作品です。






 そんな監督なのだからハズレるわけがない!!



 


 予告編も期待度半端ない仕上がりなので期待度上げて劇場へ行ってきました。







* あらすじ *

 2077年、地球はエイリアンの襲撃によって壊滅的な被害を受ける。やがて生き残った人類は他の惑星へと移住し、人々のいなくなった地球では、ドローンと呼ばれる無人偵察機による監視が続けられていた。

 そんな地球に残り、ドローンのメンテナンスやパトロールなどの任務に当たるジャック

 ある日、未確認の宇宙船の墜落現場へと向かった彼は、そこでカプセルの中で眠る美女を発見する。やがて目を覚ました彼女はジュリアと名乗り、なぜか会ったこともないジャックの名を口にする。

 しかし肝心な記憶は曖昧で、彼女自身が何者なのかも分からなかった。一方ジュリアとの出会いをきっかけに、自分にも失われた記憶があることに気づくジャックだったが…。








 冒頭、2077年ということで、その時代へ至る過程が流れます。


 この場面、壮観過ぎるロケーション映像が目の前でドーン広がり感動。






 そしてベストなタイミングでタイトル「オブリビオン」が現れます。



 ゚+。:.゚(*゚Д゚*)キタコレ゚.:。+゚



 おおおおおおぉおぉぉぉぉぉ~






 センス抜群、

 鳥肌、立ちました。








 その後、トム・クル-ズメリッサ・レオの二人芝居がしばらく続きますw

 ぶっちゃけこの辺は個人的に少し、中だるみしました。



 が、



 それを払拭してくれたのはジュリア役のオルガさん!




 オルガ・キュレンコ、実は「 見る前は微妙なヒロインだな~ 」と思っていましたが。


 実際、本編で見て見るとかっなり良かったです!!!

 が印象的です。







 さて、今年50歳のトム・クルーズ、どのシーンのどのカットも常にイケメンw

 50歳であの肉体は凄いよ!

 銃の構え方、撃ち方、衣装の着こなし(デザインもナイス!)etc

 様になってます!









 SF映画ということで、出てきますロボットが!

 ドローンという無人監視偵察ロボットが特に最高!





 見た目はなんか愛着が沸く丸タイプ

 でも、ひとたびターゲットを発見した途端、殺戮マシーン化します!!!!




 恐っ (*゚Д゚*)ェ… 




 ボールタイプなので上下前後フル稼動OKな、完璧さに惚れ惚れしてしまいます。


 効果音マニアとしてあの起動音、警告音、動作音、浮遊音、銃声など素晴らし過ぎました。












 そして、この作品、予告編からはあまり感じさせれなかった要素が一つあります。







 意外とラブストーリー要素が盛り込まれていました。






 ただのSF映画では終わらず、いいスパイスに。


 そういえば「トロン:レガシー」もラブ要素がいい味出していましたね。







 そのラブ要素からの衝撃的な結末!!


 後半、少し複雑な設定がある為、途中「 あれ?あれれ? 」という感じで置いてけぼりを食らいましたが、

 

 ラストのオチ、この作品で描きたいテーマはしっかりしているので、大満足で終幕しました。

 





 一回見るより二回見たほうが、納得いく作品だと思います。







 これは家のTVで鑑賞するのではなく、是非大スクリーンで味わって頂きたいSF超大作。




 超おすすめデス!





 当初、勘違いしていたのですが、同名ゲームソフトとは無関係です。





関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。