上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
a014310011163226.jpg

2013年度作品
128分 / 日本
監督・・・三木孝浩
役者・・・松本潤、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、北村匠海、葵わかな、小籔千豊、西田尚美、とよた真帆、木内みどり、塩見三省、夏木マリ
キャッチコピー 最初で最後の“恋(うそ)”だった。10年ぶりに再会した初恋の人には、“不思議な秘密”があった――

82935 (800x437)

82938 (800x437)

original (800x576)

85520 (800x532)

7b5a1be49bb4fa71f857f55c4f541d22 (800x534)

85523 (800x532)

23385692 (800x425)

85522 (800x532)

20130919_hidamari5_v (800x533)

25461305 (800x451)

o0480025812617775621 (800x430)

NXw7B (800x478)



 劇場で見てきましたー!




 監督は大好きな映画「ソラニン」を撮った三木監督!イョ!

 太陽の光(レンズフレア)の幻想的な演出が素晴らしいんです、ホント。

 これは見ないわけにはいきません。





 今回は松本潤 ✖︎ 上野樹里




 内容はファンタジーです!





*あらすじ*

 冴えない新人営業マンの浩介は、仕事先で中学時代の同級生にして初恋の相手・真緒と偶然の再会を果たす。

 当時はイジメられっ子だった真緒を、浩介がいつも庇ってあげていた。

 そして10年ぶりに浩介の前に現われた彼女は、美しく素敵な女性へと変貌を遂げていたのだった。

 ふたたびに落ちた2人はやがて結婚し、幸せな新婚生活を送るのだが…。






 ネタバレしないで物語を伝えるの難しいけど、綴ります。






 まず上野樹里さん、久しぶりに見ました。

 実に3年ぶりの映画出演らしいです!

 役にピッタリで、とっても良かったです。


 終電あえて逃す確信犯的な小悪魔ぶりには笑いました。

 あと、音楽聴いているところ、水族館のシーン好きです。






 物語が進むにつれ彼女の正体が小出しにされていきます。

 見終わってから、些細なシーンの違和感がこのオチに繋がっていたのかと思うととてもよく練られた脚本のだなと思いました。



 ただ、この作品はそのオチから更に上の段階、テーマへと繋げていきます。




 限られた時間。



 人間誰しも 永遠ではない時間の制約 があります。

 その限られた時間で何をするか・・・とても興味深いですね。



 日々の何気ない生活、見直したくなりました・・・。






 理屈とか抜いて、この作品、ファンタジー好きなら楽しめると思います!

 個人的にSF要素も多少感じられました。




 そして終盤、涙線崩壊しそうになりました。あぶな







 上司役の大倉孝二が個人的に最高でした。

 こんな上司いたら面白いw






 一つの残念な点があるのですが三木監督、前作の「僕等がいた」でも思ったんだけど、主役級の衣装のチョイス ダサい のはどうにかならないものかな。



 と、言えども作品のクオリティ映像美がかなり高いです。オススメです。



 越谷オサムの原作も読んで見たいと思いました。





予告編



テーマ曲 山下達郎「光と君へのレクイエム]


使用曲ビーチボーイズ「素敵じゃないか/WOULDN'T IT BE NICE」

関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。