上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
728015d1e3276728b79154f4447cb638.jpg

2013年度作品
129分 / 日本
監督・・・タナダユキ
役者・・・永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造、淡路恵子、内田慈、荻野友里、中野英樹、小篠恵奈、執行佐智子、赤座美代子、茅島成美
キャッチコピー ⇒ 母の遺言は、四十九日の大宴会でした。 


cinematoday_N0057708_0-enlarge (800x600)

49_sub2 (800x533)

20131101-00000014-cine-000-0-view (800x437)

79296 (800x531)

20131109221601 (800x410)

79298 (800x532)

mein_02 (800x533)

49nichi_04 (800x562)

1010513_01 (800x533)




 映画見る前に原作本読んで劇場へ行きました。


 個人的に映画版の方が好きです。





 監督は、タナダユキ監督です。

 初めて作品みます。





*あらすじ*

 ある日突然、熱田家の母・乙美がこの世を去る。その頃、娘の百合子は、夫との間に子どもができず、挙げ句に夫の不倫相手が妊娠と、精神的に追い込まれていた。

 判を押した離婚届と結婚指輪を家に残し、実家へと戻る百合子。ところがそこに待っていたのは、父の良平と彼をかいがいしく世話する見慣れない若い娘・イモだった。

 彼女は更正施設でボランティアをしていた乙美の生徒で、乙美から彼女が作った“暮らしのレシピカード”を託され、遺された家族の手助けをして欲しいと頼まれていたのだった。

 良平と百合子は、その中に書かれていた“四十九日の大宴会”という母の希望を叶えようと決意、イモとひょんなことから加わった日系ブラジル人青年ハルとともに準備に取りかかるのだったが…。







 役者ではまず石橋さんがとてもいい味を出していました。

 頑固なんだけど、どこかにいそうなタイプです。






 そしてこの作品でも欠かせない井本ことイモちゃん!

 「地獄でなぜ悪い」の二階堂ふみさん。見た目もそうですが全然喋り方違う。役者としての引き出しほんと凄い!

 本編で常に数パターンのロリータ服で画面に華を添えます。





 ブラジルから来た男、ハル役は岡田将生さん。

 最初はその設定に違和感ありまくりだったのですが、物語が進むにつれ馴染んでいましたw

 


 この2人が遊ぶ(じゃれあう!?)シーンが見ていてホッコリ





 夫の不倫相手の女、なかなか嫌な奴です。

 その嫌味加減も見所





 でもこの映画の見所は 終盤の別れのシーン!

 




 別れとは旅立ち。 

 寂しいけど、人を成長させてくれる瞬間。

 いいね





 冒頭でインスタントラーメンにバターを入れて食べるというごく普通のレシピが出てきます。美味しそうなので家に帰ったら小腹が空いていたので同じもの作りました。

 美味しかったです!



 あと、掃除シーンがあるのですが、影響受けて後日モップ的なの衝動買いしました。

 やさしい気持ちになれるそんな一本、 おすすめです! 







予告編



主題歌 安藤裕子 / Aloha 'Oe

関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。