346263_02_01_02.jpg

2013年度作品
116分 / 日本
監督・・・宮本幸裕
声・・・悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、野中藍、加藤英美里、阿澄佳奈
キャッチコピーやっと逢えたね 


346263_01_10_02 (800x449)

346263_01_09_02 (800x449)

26859447 (800x445)

ea6adb4e8d7dbf0107ae5dc634ac8886d370200b1382002585 (800x455)

346263_01_01_02 (800x449)

02 (800x450)

346263_01_06_02 (800x449)

346263_01_05_02 (800x449)

photo05 (800x450)

madomagi000597-546x302 (800x442)

20130330163426 (800x449)

346263_01_07_02 (800x449)

original (800x449)

346263_01_04_02 (800x449)

6mtc (800x450)

346263_01_03_02 (800x449)

about01 (800x449)


 


 「 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語


 副題、恥ずかしながら読めなかったんですが‘ はんぎゃく ’と読むそうです。

意味は・・・自分の意見を強く信じて行動し、一般の風潮・習慣などに従おうとしない人。「時代の―」。





 下記、2作品既に鑑賞済みです。

魔法少女まどか☆マギカ

劇場版:魔法少女まどか☆マギカ 前編&後編




 簡単にこの作品を説明すると、

 かわいい魔法少女が活躍するアニメかと思いきや・・・少女達が 願い と引き換えに魂を宝石に変え、そのことによってやがて絶望して魔女になってしまい世界を破壊する宿命を持ったショッキングな作品。

 2011年第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門(過去に「おおかみこどもの雨と雪」「サマーウォーズ」等受賞)で大賞に輝き、当時国内外の賞を 総なめ にしたモンスター級な作品です!




 
 映画の後編を劇場にて見てエンドクレジット後「新たなオリジナル映画を来年やります」告知を見た時、

「もう、行き着く先まで行ったのに完結したでしょ?ここから物語を膨らますなんていくらなんでも無理があるのでは?」と率直に思いました。



 言うならば「バタフライ・エフェクト」のラスト。

 見た人は分かると思いますが、もうあれ以上のエンディングは考えられないっていう締め方です。

 それを行った状態での完全新作、しかも後日談を描くとのこと … マジっすか!?






 というわけで、あまり期待しないで

 見に行ってきたわけです





 で、見事

 ひっくり返っくり返りましたね









 とにかく凄いよ脚本家、虚淵玄さん。

 頭の中どうなっているの ってホント聞きたい。

 凄まじいどんでん返し。





 最終的に思想、人生観まで描かれる展開に脱帽。

 肝心な前作からの物語も上手く繋げていましたね。




 というかこの作品プロデューサーが凄い。

 萌えアニメ画で、こんな哲学的な話を展開させるなんて、聞いてないw







 果たしてこの作品、全てを理解出来る人はいる人はいるのか?

 いろいろ結末は想像できますね。熱く議論できるってそんなにないことです。

 それくらい凄いんだな。 







 でも、こういうの大好き

 書き手の気持ちがこもったもの。

 観客に問いかける姿勢 を半端なく見ていて感じました。






 夜寝る時に、時々襲われる、

 「 自分が死んだらどこへ行くんだろうか?・・・ 」感のぼっち感味わえます!! ←味わいたくないけど

 ほんとプッシュ力有り過ぎだ。






 さて、内容について触れてませんが、とにかく見て!

 そんな映画です。





 あ、ちなみに劇団イヌカレーのアーティスティック過ぎる絵柄での不気味なビジュアルイメージは「マトリックス」の衝撃、「アバター」、「トロン:レガシー」をIMAXの3Dで見た時に匹敵するくらいです。

 革新的な映像表現にビビリました。







 冒頭の一人一人、魔法少女の紹介風の変身シーンは最高!

 「007」シリーズの冒頭をこれまたアーティステックにした感じに仕上がっております。






 アクションシーンでの、ほむら(時間操作)vs まみ(高速銃生成) が凄まじい戦闘でびびった。

 「リベリオン」×「マトリックス」って感じです

 この表現は実写じゃ、到底無理ですね。

 パっないです!
 





 
 まどか役の声優の悠木碧さん、

 初め声を聴いたときは、「ないな~」と思ったけど

 今は何か一言喋るだけで、泣きそうになってくるw






 そして今回もキュウベぇさん、中盤から小悪魔(大魔神!?)的な本性発揮しますよ。

 





 エンドクレジット終わってからも少しエピソードあるから席を立たずに。


 おすすめです。





予告編



予告編(30秒ver)





関連記事
スポンサーサイト


秘密