bc495dda128c48577d2081bea5d87b1e18d82494_93_2_9_2.jpg

2013年度作品
日本 / 129分
監督・・・山田大樹
役者・・・大地康雄 立石銀三郎、佐藤B作、中井貴恵、村田雄浩、中田喜子、小宮孝泰、宮田沙世、小松美咲、井上正大、絵沢萠子、若村麻由美、板尾創路、手塚理美、田口主将、瀬川亮、藤井びん、山谷初男、仁科貴、柚りし菓、渡辺航、今野姫菜、石原和海、川畑和雄、大方斐紗子、新井美羽
キャッチコピー描けなかった思い出は、絵本がそっと教えてくれた。 


345209_01_05_02 (800x533)

345209_01_04_02 (800x533)

345209_008 (800x586)

20130626_01g (800x452)

o0400026612175645240 (800x532)

jinjin04 (800x533)

maxresdefault (800x450)

345209_01_02_02 (800x533)

345209_01_03_02 (800x533)

sub2 (800x532)

345209_01_01_02 (800x533)

345209_01_06_02 (800x533)




 めっちゃええわー
 見て 暖かく なりました。





 もう、タイトル通り全編「じんじん」しましたよ。⬅︎どの辺がじんじんしたかは是非見てください





*あらすじ*

 大道芸人の立石銀三郎は妻と別れてからというもの、自分によくなついていた一人娘と会うことを許されず、娘との思い出は彼女が六歳のときのまま止まってしまっている。

 銀三郎の幼なじみが営む農場に、女子高生四人が農業研修のためやって来た。

 たまたまた里帰りをした銀三郎は彼女たちと出会い、徐々に距離を縮めていく。

 だがその中の一人、日下部彩香だけはどうしても心を開かない。実は彼女には人に言えない秘密があったのだ。






 ネットレビューには「寅さん」に似ている設定・展開とありましたが、

 俺は寅さん、じっくり見たことなにので、とても新鮮な気持ち楽しむことができました。





 冒頭、ジブリ映画に出てきそうなお婆さんの語りから一気引き込まれ、エンディングまでアッと間の129分でしたよ。




 物語は剣淵町という田舎町が舞台。

 北海道のに上川郡あるそうで、同じ道民として知らなかった・・・。






 主人公のおっちゃんこと銀三郎、とにかく人間味あった。

 完璧じゃない、不器用なところが憎めない。



 回想シーンで、銀三郎と娘のシーンがあるんだけど、

 なんか見ていてほっこりした。








 剣淵町へ舞台を移してから、農村地域の広大な風景に感動しました。

 でっかい畑、畑、畑にこれでもかと広がっていました。

 本編中でも女子高生が言っていますがホント、「日本じゃないみたい」です。
 



 このシーンだけではないですが、

 全編とても綺麗に撮られている印象を受けました。




 そんな女子高生4人の 田植え のシーン面白かった。

 田植えでお決まりの展開!?の足が抜けなくて、泥人間化になるシーンもちろんありますw






 そうそう、剣淵と言えば、アルパカ!

 アルパカ牧場のシーンありました。いつか行きたい。





 食事シーン多々ありました。

 とっても美味しそう。

 みんなでワイワイ食べるのはやっぱいいよね。








 彩香役演じる小松美咲さん、

 何か秘めている目から、ラストの眩しい笑顔まで良かったです。

 彼女のバックボーンが詳しく描かれていた為、後半特に感情移入できました。





 「仮面ライダーディケイド役で懐かしい、井上さん、自然体でとても良かったです。


 


 夜の星空の下で大の字仰向けになる場面、

 スクリーン越しでも感動しました。

 あんな星空、実際に見てみたいなぁ~







 絵本のくだりは泣けます。

 実際に「クロコダイルとイルカ」という本、売っているそうです。

 これは欲しい!買わないと



 というか、この映画見て、絵本また見たくなってきた。

 子供の頃思い出しますね。コレクションしてしまいそうだw




 その絵本を何度か子供達に読み聞かせるシーンがあるのですが、子供の目がいい感じに写っていました。




 
 本編ラスト、バスの別れのシーンが凄く良かった。
 
 一言では言えない、いろいろ想いが詰まったシーン。

 この場面好き。





 他にも小ネタとして、

 卒業式で先生だけめっちゃ泣いてる、

 冒頭で二人で話している真ん前を、通行人がわんさか通過する

 板尾さんのキャラ、最高。卒業式で急いで転びそうになるところとかかわいいw

 ゲームで難所をクリアしたらしく、異常なほどハイテンションで喜ぶ女学生

 とてもいい話している手前で、真剣にアイスかなにかスプーンでほじって食べている銀次郎さん

 etc・・・とても印象なシーンがたくさん詰まってました。






 あとこの映画、エキストラの数、尋常じゃないくらいいたw。

 町おこし強シ!





 心が暖ったまる映画「じんじん」この作品は是非、多くに人に見てもらいたいですね!




 超オススメです!






予告編


関連記事
スポンサーサイト


秘密