上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
poster3.jpg

2013年度作品
117分 / 日本
監督・・・小泉徳宏
役者・・・佐藤健、大原櫻子、三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、吉沢亮、森永悠希、谷村美月、勝村政信、相武紗季、反町隆史
キャッチコピー ⇒ その瞬間、恋に落ちた。その瞬間、愛を知った 

346369_01_03_02 (800x531)

gfmodpfodkfa (800x448)

346369_01_04_02 (800x533)

346369_01_02_02 (800x531)

346369_01_09_02 (800x532)

346369_01_07_02 (800x533)

346369_01_08_02 (800x533)

fopkffakfaof (800x387)

346369_01_05_02 (800x531)

346369_01_10_02 (800x531)

346369_01_12_02 (800x516)



 観てきました「カノ嘘」こと

 カノジョは嘘を愛しすぎてる 




 監督は当時弱冠25でYUI主演の「タイヨウのうた」を撮った小泉監督。


 少し展開がダブルところもありますが、この作品も 力作 でしたよ!





*あらすじ*

 大人気バンド“CRUDE PLAY”の元メンバーで天才クリエイターでもある小笠原秋は、たまたま知り合った女子高生の小枝理子に声をかけ、自分の正体を隠したまま付き合い始める。

 軽い気持ちで付き合い始めた秋だったが、やがて純真な理子に惹かれるようになっていった。

 しかしCRUDE PLAYのプロデューサーでもある高樹総一郎が理子をスカウトしたことから、嘘から始まった二人のは大きく動き始めるのだった…。





 2人が出会い付き合うまでの肝心なシーンは、

 個人的にですが漫画タッチでう~ん・・と見ていて思ったのですが、その後の登場人物の感情・言動には一貫性があって、期待以上に楽しめました!





 佐藤健さん、

 「仮面ライダー電王」の至上最弱ヒーロー、なよなよイメージが強かったのですが、

 この「カノ嘘」では全然異なる役になりきってます!それもかなり上手い。

 役者の演技力ってホント凄いな!

 天才サウンドクリエイター、とっても説得力有る人物像で感情移入してしまいました。





 ヒロインは、この役5,000人の中から彗星の如く現れた大原櫻子さん。

 マッシュって名のピッタリ。由来も含めてイイ!


 そしてなにより歌唱力ハンパないです。

 特に終盤の野外会場のライブシーンでの熱唱は感極まりないです。あまりの美声に鳥肌立ちましたよ!






 三浦翔さんボーカルの、CRUDE PLAY のビジュアル&歌もかなり良かったです。





 音楽業界の裏の顔も描かれます。

 本当か嘘 かは置いておいて、とても考えさせられる内容でした。





 反町さん演じる音楽プロデューサー、

 金儲けしか企んでいない、いわゆる悪ーい奴なんですが、

 ただのワルではなく説得力あるキャラクターとして描かれているのにとても好感が持てました。

 そんな彼が終盤のライブ、MUSH&Coに語るセリフがなんかとても深く身に染みました。

 憎いぞ、この野郎!





 
 夢を追う時と実際にプロの現場に入った時の温度差

 この作品を観て、いろいろ感じることがありました。


 自主的に活動していた時は、それはそれで迷いが生じたりで苦しかったけど、とても楽しい!

 追いかけてきた夢を掴み取り、実際にデビューするとそこは楽しいだけじゃ続けていけない現実の壁・・・





 
 好きなシーンたくさんありましたが、


 手を引っ張って走るシーン、好き。

 確か「タイヨウのうた」でもやってましたよね、監督!





 そして2人がセッションするシーンは素晴らしかったです!
 
 胸打つ名シーンに仕上がっています!

 最高です!
 


 

 音楽映画ってカタルシス凄いな。感動した音楽映画挙げてみました↓

・「劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ
・「ソラニン
・「NANA2
・「リンダリンダリンダ
・ドラマ「東京フレンズ






 さて、話は戻りますが、

 何度も観たいシーンは、


 リコが走ってやってくる時、

 鞄の口が開いていてボロボロ周囲に中のモノを地面に豪快にぶちまけるところです。

 ・・・っていうかなんで、鞄にバナナ入ってんねん!!





 あと、「タイヨウのうた」でも思ったのですが

 小泉作品で描かれるキスシーン、凄い幻想的でキレーに撮れています!

 カメラアングル、照明の照り具合、音楽、シチュエーションetc




 タイトルにもあるも上手く描かれていました。



 
 MUSH&Co.CRUDE PLAYは実際にも同名でCD販売されているので、近いうちに手に取って聞きたいと思います!

 原作漫画は未読(現在13巻まで発売)なんですが、二時間枠で完成度高かったです!






 現実世界でもシンデレラガールのリコ役の大原さん、今後どの方向へ行くのかも楽しみですね!






 あ、本編エンドクレジット終わっても席立たない様に!

 





予告編


MUSH&Co.「明日も」


CRUDE PLAY 「サヨナラの準備は、もうできていた」



関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。