上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
mugiko.jpg

2013年度作品
95分 / 日本
監督・・・吉田恵輔
役者・・・堀北真希、松田龍平、麻生祐未、ガダルカナル・タカ、ふせえり、岡山天音、田代さやか、温水洋一、余貴美子、佐々木未来、藤井びん、高橋修、古澤裕介、松下貞治、長野克弘、野口雅弘、浜幸一郎、光岡湧太郎、内藤トモヤ、田窪一世、三島ゆたか

345939_01_01_02.jpg

345939_01_03_02.jpg

345939_01_06_02.jpg

345939_01_08_02.jpg

345939_01_02_02.jpg

345939_01_04_02.jpg

345939_0fdfa1_01_02.jpg



 麦子さんと」劇場にて鑑賞!


 予想以上に面白かったです!


 監督さんは「ばしゃ馬さんとビックマウス」「さんかく」「純喫茶磯部」「机のなかみ」の吉田恵輔監督。




 本作も自ら脚本を書いています。毎回思うのですが、本が スゴーーく いいんですよね(^^♪

 8年前から書いていたのだとか・・・。






*あらすじ*

 声優を夢見るアニオタ女子の小岩麦子。幼い頃に母は家を出てしまい、父の死後は、頼りない兄と2人暮らしの日々。

 そんなある日、母の彩子が突然舞い戻ってきた。顔も覚えていない母との同居に戸惑い、自分たちを捨てた母に心を開くことができない麦子。

 そして母は、あまりにも唐突にこの世を去ってしまう。彼女は人知れず末期ガンに冒されていた。

 やがて兄に押しつけられ、母を亡くした実感もないままに納骨のため母の故郷を訪れる麦子。すると町では、若き彩子と瓜二つの麦子の登場で大騒ぎに。なんと彩子は、かつてこの町のアイドルだったのだ。

 自分たちの青春に思いを馳せ、異様に盛り上がる町の人々に、否応なく振り回される麦子だったが…。







 
 温水洋一さん、この映画でも最高でした!

 後でピックアップしますが抱腹絶倒シーンがあります。

 




 松田龍平さん、この兄役かなりハマリ役でした!

 リアルにいそうな兄貴でした!







 この映画の見所はたくさんあります!


 脚本に関してはもうなんも言う事ないですね!

 役者の演技も上手なのもあって心に響くシーンやドラマの連続です。






 さて、しつこいですが、特に温水さんが出ているシーンは要チェック。

 ますます、ファンになりました!




 中でも一番最高なのは冒頭、

 地元タクシー運転手の温水さんが、堀北真希さん演じる麦子を乗せるのですが、話に夢中になってよそ見していると、


麦子「前、前っ!」

温水「ええっ」


ドン



 地元の顔見知りの警官(自転車で巡回中)を轢きます(汗)



 幸い、鼻血程度でピンピンしてますが、自転車から吹っ飛んだのは事実な訳です。

 で、ここで温水さんがとった行動が最高でした。

 温水「じょーだん、じょーだんだよ」

 書くと「はぁ?」となりますが、このシーンを実際の映像を見せられると、抱腹絶倒です。場内にも笑いが起きました。

 温水さんなら許せるわー(注:ダメです。普通に処罰ものです!)




 他にも何回かタクシー内で、温水さんが音楽に合わせて歌うシーンがあるのですが、合っているようでズレている感も最高でした!



 そして、そんなダメダメな温水さんが、酔った勢いで麦子を叱るシーン、なんか凄いことになってました。

 ギャップがいい!




 あぁ、この映画、個人的に温水映画という印象がw





 対して堀北真希さん。

 実は余りに彼女の映画は見ていませんでした。

記憶にあるのは「オールウェイズ」くらい。

 

 この作品での掘北さん、それはもう綺麗に撮られています



 それもそのはず、吉田監督自身も熱狂的な彼女のファンで麦子=堀北真希として当て書きで書いたくらいなのですから、すごーく魅力的に撮られていました。それはほんと物凄く。





 深く暖かいドラマの余韻、是非味わってください、おすすめです。







予告編



挿入歌:赤いスイートピー



関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。