上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
 
鉄腕ガール (1) (モーニングKC (690))鉄腕ガール (1) (モーニングKC (690))
(2000/04)
高橋 ツトム

商品詳細を見る

2000年度作品

 高橋ツトム作品です。


 まず主人公の目に圧倒されること間違いなしの‘これぞ目力”というものが絵となって刻印されている。


 ただ見るだけで「コノ人は只者じゃない」って感じがビンビン伝わってきます。

 これは主人公、加納トメの人生を描いたそんな一品。



あらすじは・・・・・                                     
 通常、男がするスポーツ‘野球”に挑戦する機会がたまたま与えられた主人公、所詮球遊びと舐めてかかる・・・がドッコイその試合中に彼女の中の何かがガラリと変貌し、「よっしゃー、やってやろうじゃねーか、野球。」と野球魂に火がつく。 



 ここまではアリガチ展開なのだが、ここからが作者独自の絵力がジワジワ伝わってくる。
 


 男性社会、野球社会、人間社会、現実と理想の中で反抗してチャレンジしていく主人工の生き方がとにかくカッコ良く惚れる!!

 

 漫画の中なのにミョーに生き生きしていて、現実に飛び出してきそうないいきよいがこの‘加納トメ”に見え隠れしている。



 ひとまず手に取って見て欲しい。


 コマ割が有り得ないほどスピーディーかつ力強く描かれ、読んでて漫画ということを忘れさせてくれるのだ。


 ライフワーク的なストーリー展開そのものに魅力がタップリ詰まっている。


 スポーツに興味ない人でもはまること間違いなしだと自信をもってオススメできる本作は今の日本に足りないものがある。



 自信が無くなったり悩んだりしている時に最適な本。


 
 全九巻の隠れた最強漫画‘高橋ツトム”の「鉄腕ガール」にあなたも痺れてみては?





関連記事
スポンサーサイト

[ 2009.06.07 | 漫画 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。