上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
347053_02_01_02.jpg
2014年度作品
日本 / 108分
監督・・・清水崇
役者・・・小芝風花、尾野真千子、広田亮平、山本浩司、新井浩文、吉田羊、YURI、浅野忠信、筒井道隆、宮沢りえ、寿美菜子(声)、LiLiCo(声)
キャッチコピー ⇒ はじめまして、キキです!!

347053_01_11_02 (700x466)

347053_01_10_02 (700x439)

347053_01_05_02 (700x466)

347053_01_02_02 (700x466)

94253 (700x382)

347053_01_03_02 (700x466)

347053_01_01_02 (700x465)

maxresdefault (700x393)

347053_01_09_02 (700x466)

347053_01_04_02 (700x466)

347053_01_06_02 (700x466)

95429 (700x382)





実写版魔女の宅急便劇場で見てきましたー!



 いいねー



 まさかのキキに、感情移入してしまいました。





 *あらすじ*

魔女の母と普通の人間の父との間に生まれ、魔女の血を受け継ぐ少女キキ。魔女として生きることを決意し、“13歳の満月の夜に旅立ち、魔女のいない町で一年修行する”というしきたりに従い、旅に出ることに。

 相棒の黒猫ジジと一緒にほうきに乗り、たどり着いたのは活気にあふれた港町コリコ。おいしいパンのお店“グーチョキパン屋”に間借りさせてもらい、さっそく“空飛ぶお届け屋”を始めるキキだったが…。







 キキは魔女の血筋を引く女の子。

 正式に魔女になる為に一年間、全く見知らぬ場所で魔女として生活することが必須条件です





 魔法少女と言えば(実際には魔女だけど)
時空遡り哲学萌えアニメ「魔法少女まどか☆マギカ

田舎から都会の魔法学校に通うせつないお話「魔法遣いに大切なこと

 という名作映画がありますが、この作品もそれらに劣らぬとてもいい作品でした(^_^)




ここから多少ネタバレしますのでご注意ください~ 





事前情報としては、
あのジブリの名作アニメの実写化ということで、当時激しくネット上でバッシング受けていましたが蓋を開けてみれば、いい意味で原作を超えた作品だと率直に思います。

 予告編で気になっていた問題の黒猫ジジのCGがショぼさ、初め浮いて見えましたが中盤あたりから自然に溶け込んでいました(なぜこんなに細いのか謎w) 。他にもカバの子供もフルCGですが同じ感じで段々違和感なくなります。






 魔女っ子キキは長く住んでいた親元を離れ、全く知らない街で一から生活をはじめます。

 丁度この作品鑑賞時、自分も三年間以上勤めていた仕事を一新し、全く新しい環境に。

 キキと同じく、思い描いていた理想に燃えるもなかなか思うようにいかないサマや、もう無理、限界だーという精神的な感情、周りの環境に葛藤する姿がリンクして、よいしょよいしょで涙線が多いに揺さぶれました。


 そんなわけで個人的そういった経緯もあり、見ていて全然時間を感じなかったし、キキ頑張れ!って気持ちなりました!






 ちなみに本作の監督は「呪怨」「戦慄迷宮」などのホラーの鬼才、清水崇監督。

 そんな監督さんがジブリの実写化すると聞き、一番の不安要素がココだったのですが、むしろとても良かったです。

 ただ子役登場シーンで「呪怨」を意識していたり、呪いの手紙とかもありなんか安心しましたね。




 このクオリティなら是非是非、他のジブリ作品実写化も見たいと強く思いました!





 映像で注目したいのはやはり魔女ということで、箒に乗って飛ぶ飛行シーンです。

 スクリーン一杯に広がる景色には純粋に感動したし、アニメ版同様、途中箒がぶっ壊れて飛べなくなるところでのキキの感情が爆発、修復してからも精神的なところで飛べなくなってしまいそこでの葛藤

 目的地に走りながら長い距離何度も何度も浮遊に挑戦する場面は滑稽ながら印象的でした。






 この作品の顔キキ役はこの飛行シーンの為に、木刀素振り200回した努力家の逸材、小芝風花さん。

 メイキング風景見ると、かっなり肉体的にハード撮影が伺えます。

 演技面も、感情爆発、時折凛とする眼つきや、表情も出来てとても上手いです!






 あと危ない雰囲気漂わせ過ぎな、新井浩文さんもいい味出してた。

 他にも自転車のくだりとか、少年とはじめて真剣に話す場面、洗濯物飛行乾かし、スピード上げるとき箒を蹴る仕草、キキが飛行体制になったら毎回スルっと入ってくるジジの描写、街の皆も雰囲気いいしetc・・・




 とにかく印象的なシーンが一杯。




 ほっこりする映画、とてもオススメです!





予告編


映画「魔女の宅急便」完成披露舞台挨拶』




関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。