fkpsefjoajgag.jpg
DEATH KAPPA

2010年度作品
85分 / アメリカ&日本
監督・・・原口智生
出演・・・平田弥里、深華、北岡龍貴、ダニエル・アギラル、なべやかん、星光子、庵野秀明、樋口真嗣、桜井浩子
キャッチコピー ⇒ 人類滅亡か? 大都会にショックの嵐を呼んだデスカッパ!! 

deathkappa03 (600x400)

death_kappa2 (730x400)

o0425028311151187990 (600x400)

fapfkaf (715x400)

scdadeen3-b (601x400)

kappa001fsf (714x400)

death-kappa-05 (704x400)

original (600x400)

338041_01_03_02 (600x400)

DeathKappa10 (704x400)

Death_Kappa_06 (693x400)



予告編に惹かれ、見ました。

いーじゃないですかね、このB級感、嫌いじゃないです!




この作品は、アメリカ完全出資・日本で制作、”TOKYO SHOCK”シリーズ『片腕マシンガール』、『東京残酷警察』に続く、その正統なる第3弾が本作『デスカッパ』なのです





*あらすじ*

 東京でアイドル歌手の夢に破れ故郷の尻小玉村に帰ってきた加奈子は、帰省したその日、車を暴走させて村にやってきた無軌道な若者たちに、目の前で祖母をひき殺されてしまう。

 しかも彼女の家が代々祀ってきた河童様の祠も破壊され、深い悲しみに沈んでしまう。

 そんなある日、加奈子の前に突如、河童が現れる。怒りに燃えた“河童様”が、長い眠りから目覚めたのか…!?






 本編、

 見所は何と言ってもカッパです。

 キモ可愛いんです

顔がよく見るとグロテスク、反して身体はずんぐりむっくりw

 動きが機敏で、リズムセンスがある陽気な河童。






 冒頭の始まり方は普通に引き込まれました。

 アイドルになる為、都会へ行くも全然売れず祖母の元へ帰郷する 場面。

 普通にドラマとして心を掴まれましたね。





 中盤、主人公の女の子が悪の手先に捕まるのですが、

 絶体絶命の時に河童様が現れます!

 カンフー使いの相手に 微動だ にしない河童様見事なまでの立ち振る舞いに衝撃を覚えました!

 河童様、超かっこいい!





 終盤、「ええっ!?」って感じで唐突に特撮映画に早変わりします。

 少しの間、というかしばらくの間、

 河童様主人公すら出てこない場面が続きますw本当にw

 ハンギョラスvs日本軍 との戦いが描かれるこのカオスな展開。でも楽しいからいいや





 この辺りは確信犯だと思いますが、

 戦闘機を釣ってるピアノ線丸出し、フィギュア丸出し人形など、こういう狙った場面を楽しめるか、楽しめないかでこの作品の評価は前後しますね。

 賛否両論 納得です。





 終盤、やっと河童様が巨大化、ここでやっと名前にデスが付き、デスカッパへ 移ります。




 この後が特に見所です。

 なんとプロレスが突如はじまります!

 更に実況まで入るというサービス精神。





 自分は プロレス に格別思い入れはないのですが、…このシーンが 最高!





 デスカッパがプロレス技をハンギョラスに本気でかけていきます。

 スローモーションを使わないリアルスピードで突っ込んでいくデスカッパがヤバかった!

 特にドラゴンスクリューが最高でしたw


 ちなみに相手のハンギョラスからもかけられるばかりじゃなく、反撃しデスカッパも怯みますよ。





 はい!





 万人には受け入れられませんが、B級好き、

 井口昇監督作品が好きな方はかなり楽しめると思いますよ!





 オススメです。







予告







関連記事
スポンサーサイト


秘密