343733_02_01_02.jpg

2012年度作品
124分 / 日本
監督・・・河合勇人
脚本・・・古沢良太
出演・・・ 長谷川博己、臼田あさ美、土屋太鳳、風間俊介、田畑智子、斉木しげる、でんでん、富田靖子、夕輝壽太、北村匠海、未来穂香、刈谷友衣子、三浦透子
主題歌: androp 『Rainbows』
キャッチコピー ⇒ 常識を打ち破れ、世界は変わる 

A18PcMVdSUL__SL1500_ (800x533)

343733_01_06_02 (800x533)

343733_0gsgasg1_01_02 (800x529)

343733_01_03_02 (800x529)

343733_01_07_02 (800x529)

343733_01_04_02 (800x529)

343733_01_01_02 (800x519)

81Tb6AvensL__SL1500_ (800x529)

81TjgK2+MdL__SL1500_ (800x530)

91M8vXyhEYL__SL1500_ (800x530)



 ビシバシ響いて来ました!



 実はこの作品、以前、ドラマ版を 一話 だけ見てました。

 当時の感想は、なかなか刺激的だけど面白い!といった感じ。しかし録りためていた番組が多く、あえなく消去されることに。

 ちなみにドラマ版、テレビ放映時は視聴率で苦戦しながらも、クオリティの高さがドラマ・ファンの注目を集め、放映終了後に数々の賞に輝き話題になりました。

 原作は武富健治さんの同名人気漫画。この映画版はドラマ版のその後となる2学期を舞台にしている。





 そんな中で、ドラマ版を見る時間はないけど、映画版ならという軽い気持ち で観賞。





*あらすじ*

黒縁メガネとループタイがトレードマークの国語教師・鈴木先生。

 理想のクラス作りに燃える彼は、女子生徒・小川蘇美を“スペシャルファクター”に据えた“実験教室”に手応えを感じ始めていた。

 ところが、妊娠中の妻・麻美がいるというのに、克服したはずの小川蘇美との あらぬ妄想 に再び振り回される事態に。

 やがて、2学期を迎えた学校では生徒会選挙と文化祭の準備が進む中、鈴木先生の天敵・家庭科教師の足子先生が休養から復帰する。

 そんな中、ドロップアウトしてしまった卒業生・勝野ユウジが小川を人質に学校に立てこもるという最悪の事件が発生する
。 






 鈴木先生、なんていうかいい意味で あまり存在感がない

  鈴木先生演じるのは、映画監督役が印象的だった「地獄でなぜ悪い」の長谷川博己さん。


 がつがつしないで、冷静な感じでとてもいい立ち位置にスタンバイ。







 その分、メインとなるテーマをビシバシと、直球で観客へ投げかけてきます。

 





 序盤、ドラマ版の繋がりっぽいシーンがあり、

 なかなかスッと世界に入れなかったのですが、




 教室で「生徒会なってみないか?」の一悶着から

 グイグイ 引き込まれました。






 この映画を見て、生徒会、あぁ、あったあったと回想しました。

 当時は自分はあちら側の人でないとか、全く関係のない場所 だと遠めで眺めていた身でありましたが、

 改めてこういう視点で、生徒会を見ると、

 今の政治に繋がるものが、もうこの時点であったのか と今更ながら驚きましたね。
 
 もっと早くこの作品を見れば、何か違った未来が待っていたかも・・・





 ホント、見ていてタメになる教育映画だ。





 というわけで、生徒会選挙が描かれるのですが、そこで反発する生徒の言動がなかなか深いところついていて、

 見ていて「なるほどな」 「そういう見方があったかのか」と感心。

 他にもいろいろ考えさせられるテーマが沢山含まれています。



 
 キーとなる生徒役で「リミット」ではメガネっ子演じた土屋太鳳さん、危うい演技が上手過ぎる!




 終盤、学校に侵入してくる元卒業生

 序盤から何気なく積み重ねてきたシーンもあり、彼があのような行為に走ったこと、とてもリアリティがありました。




 被害者と加害者、両方の立場を描いている部分が斬新です。

 悪い奴は悪い奴なんだけど、どこか完全に憎めない。





 二時間の中でたくさんの論争できるポイントが描かれています。

 圧倒されました。





 映画「鈴木先生」、個人的にかなり 来ました!

 ドラマ版、早速改めて借りて見たいと思います!


 未見の方は是非一度映画版 「鈴木先生」 オススメです。






予告編


androp「Rainbows」


本編抜粋シーン






関連記事
スポンサーサイト


秘密