繝ェ繝ャ繧ュ繧キ繝ァ (421x600)

2005年度作品
全205ページ
著者…中村航


 読了しました小説 リレキショ

 桐谷美玲× 大倉忠義で実写化された「100回泣くこと」の中村航さんの本。



ある日突然、擬似姉弟になった「僕」と「姉さん」との奇妙な生活を描いた第39回文芸賞受賞作






*あらすじ*

  「弟と暮らすのが夢だったの」という姉さんに拾われて、彼女の弟となった19歳の「僕」。

 新しい名前は「半沢良」。面接用に書いた「半沢良」の履歴書に、物足りなさを感じた

 「僕」は、真っ白な紙にもうひとつの「リレキショ」を書き上げる。

 免許・資格は「どこでもいける切符」。趣味・特技は「護身術」と「アイロンがけ」。無事、深夜のガソリンスタンドで働くことになった「僕」は、ある日、1通のラブレターを受け取る…。 







 この ふんわりした世界観 、好きですね。

 淡々と日常が進んでいく日々。




 主人公半良(仮名)が、少しめいていて好印象。

 過去に全く触れず、現在進行刑で進行していきます。




 なぜ、そんなことになったのか、一切説明がないまま物語が進んでいきます。

 ちなみに、その 姉と弟以上の関係 に発展することもないです。





 ほんと ミステリアス



 特にサスペンスな謎解き ありません。

 でも、不思議とリアリティーが感じられます。





 良かった場面・・・

 内気な浪人バイク女の子とのシーン
 
 姉の親友とのキスシーン







 また読みたくなってくる作品



 おすすめです。





関連記事
スポンサーサイト


秘密