019patema.jpg
Patema Inverted

2013年度作品
99分 / アニメ
監督・・・吉浦康裕
声の出演・・・藤井ゆきよ、岡本信彦、大畑伸太郎、ふくまつ進紗、加藤将之、 安元洋貴、内田真礼、土師孝也、梅津秀行、 四宮豪
主題歌:Estelle Micheau/「Patema Inverse」
キャッチコピー → 手を離したら、彼女は空に落ちていく。 

345039_01_03_02 (800x597)

20120731135902 (800x449)

201405062300329f0 (800x450)

img07 (800x450)

20140506190448cc3 (800x449)

345039_01_04_02 (800x449)

345039_01_01_02 (800x449)

505ae9ba (800x450)

img01sfa (800x454)


 劇場公開時、 お互い逆さまに抱き合う 超カオス なビジュアルが目を引いた作品。




 ちなみに同監督の吉浦康裕監督の「イブの時間」は鑑賞済み。

 本作も脚本を兼任しているそうです。








*あらすじ*

かつて大異変が起こり、突然一部の重力が反転、多くの人や物が空へ向かって落下した。

 時は流れ、そんな空を不吉なものとして忌み嫌うアイガ国で、大空に憧れる変わり者の少年エイジ。

 ある日、フェンスにしがみつき、今にも空に落下しそうな少女パテマを救う。

 好奇心旺盛な彼女は地底世界の住人で、禁断の禁止地域を探検中に誤って地上に落下してしまったのだった。

 重力がサカサマのパテマにとって、アイガ国はいつ空に落下するか分からない危険な世界

 しかしそんなパテマとエイジが手を繋ぐことで、2人は大空を飛ぶことができた。2人は治安警察の追跡をかわし、封印された世界の秘密へと近づいていくのだったが…。
 








 序盤、若い男女が抱き合いながらゆっくり歩く

 シュール過ぎる場面

 並々ならぬ違和感を感じましたが、意外とストーリーが進むにつれて気にならなくなります。







 本作では重力が真逆の人間同士が出会います。



 不思議な感じです。
 とてもファンタジックです。





 改めてこの状況、

 天井(床)があれば平気ですが、

 どこで地面が現れるかわからない状況、

 これはもう 恐怖 以外何物でもないですね(汗)

 バンジージャンプに挑戦したことのない自分にとっては絶対向こう側へいける自信(度胸)がありません。 命がけ ですよね!!

 



 通常の重力から真逆な世界の重力に 真っ逆さま落ちていく 場面がありますが、

 超シュールでした。






 そんな恐怖ありつつ、

 少女パテマは、エイジに抱きつき、敵から逃げます。

 なんかシュールを超えて、カッコいいぞおまえら!






 走りながら、ここぞ!

 というところで飛べば 大ジャンプ

 タイミングとか、難しそう。






 個人的にツボだったのが、相手を捉える際の捕獲器具

 器具といっても、かなり原始的なもの。

 狙った根元に向け網状のものを飛ばします。



 その網に捕らえられた標的物の、反動が最高です。 注目してください。

 勢いが凄くて、一瞬で画面外に飛ばされてましたw






 ちなみに疲労で少し後半、ウトウトしてしまった部分があったので、

 改めてもう一度ゆっくり見たいなと思います。




 この作品を見終わった後、

 同じ目線に立っていても、人それぞれ見ている世界が異なること、

 日々の日常でも物の見方、捉え方の違い
について 

 とても考えさせられました。






 こうだ!

 と決めつけていた物事も、

 別の見方からしてみれば、まるっきり意味合いが違ったり・・・






 サカサマのパテマ 、オススメです!







予告


主題歌:Estelle Micheau/「Patema Inverse」
関連記事
スポンサーサイト


秘密