Seikimatsu_Occult_Gakuin_Occult_Academy.jpg

o0514028810660956752.jpg

2010年度作品
30分×全13話 / アニメ / 日本
監督・・・伊藤智彦
シリーズ構成・・・水上清資
主題歌・・・中川翔子:「フフライングヒューマノイド」
声の出演・・・ 日笠陽子、水島大宙、茅原実里、高垣彩陽、花澤香菜、子安武人、 高橋広樹

2010071520264882a (800x450)

occult-13-156 (711x400)

20100723222118e99 (711x400)

128085306899816209088 (800x523)

2010081122590843c (711x400)

m_occult0727_top (711x400)

2010082600524708a (711x400)

31494flv_000928969 (711x400)

20100909015440c8f (711x400)

occult-12-363 (711x400)

201008260109090c9 (711x400)

20100903223245efe (711x400)

20100909015441bbe (711x400)

2010090902111977a (711x400)

occult-11-509 (711x400)

occult-12-1085 (711x400)

occult-12-753 (711x400)

occult-12-236 (711x400)

occult-12-257 (711x400)

occult-13-1100 (711x400)

201009292343107e3 (800x450)

b692fd7c (800x450)




 学研のオカルト雑誌ムーが公式監修しているオリジナルアニメ
世紀末オカルト学院、 通称オカ学



 ノストラダムス 関連の作品ということで、脚本の参考に鑑賞。

 


 本作品は2010年 7月~9月まで放映、 30分✖️13話で長野県長野市松代にした オカルトコメディ です。








  う ん  、間違いなく面白い。

 B級映画 で良く見るシチュエーションばかりで、この手の作品が好きな人は毎話、胸の高鳴りが抑えれません。









*あらすじ*

 舞台は1999年、長野県松代にある日本のピラミッド“皆神山”にそびえ立つ私立ヴァルトシュタイン学院・通称“オカルト学院”。

 急死した学長に代わり学長の座に着いたオカルト嫌いの神代マヤと2012年からタイムスリップしてきたという自称タイムエージェントの内田文明が、学園で起こる様々な怪奇現象に遭遇しながらノストラダムスの予言の謎に挑む。
 










 毎回様々な オカルト現象 が学院内を中心に発生していきまます。

 一応、メインストーリーとなるのは、

ノストラダムスの予言が当たり、未来から滅亡を阻止する為に送り込まれた、エージェントが携帯に模した最新機器で、ノストラダムスの鍵となるものを探す
 
というものです。







 2012年から タイムスリップ してきたという自称タイムエージェント内田文明、

 こう聞くと、 頭脳体力共に優れた完璧な人間 を思い浮かべますが

 実は彼、ものすっごく ヘタレ なんですよ。 ホント笑うくらい。

 でも終盤、 物凄いカッコイイ見せ場 が待ってます。そして幼少期の頃からのとある葛藤を持っています。





 するのは、もう一人の主人公でもあり、 ヒロイン でもある マヤ

 性格はツン。 デレはありません。

 基本、常にクールビューティーなのですが、ふとした場面で もの凄い形相 見れますw 









 そんな二人の名前

 合わせてみたら 、 ・・・ マヤ文明








 他に印象的だったキャラを紹介すると、皆から JK と呼ばれる、

 ↑ちなみに女子高生の略ではない

 体系 太目 で常にデスメタル風アイメイク男。でプリン大好き。

 そして、ダウジング遣い。 ← 常に持ち歩いてます

 しかも、それが武器になるっていう優れもの。





 オカルト大好きなメガネっ子の こずえ も印象的。

 よく衝撃で メガネが外れる のですが、その度に

 「メガネェ、メガネぇ~」と情けない声を出す姿がツボでした。







 本編に登場する‘ 私立ヴァルトシュタイン学院 ’ 通称 「オカルト学院」

 こんな学院、実際にあったら入学したいくらいだ!

 また、 建設理由 にもちゃんとドラマがあって、後半で明かされるその内容に感動しました。
 








 各話、見所満載なのですが、

 中でも異色回の、 オカルト から少し離れたあるエピソードが心に残りました。






 成仏出来ずにいる子供の霊とのお話。

  エピソード9、10話 が、とても なかったです。



 常に笑顔で元気な成仏できないこの少女。

 クリスマスの日、とある状況で命を落としてしまいます。

 その子の父親に会いに行くオカルト学園の生徒たち




 そこで明かされる過去がまぁ切ない ・・・。

 見ているこっちまで、 やるせない気持ち になりました。








 回によっては、 シリアス路線 ギャグ路線 を行き来します。

 その 配分 が丁度いいのです!






 アクション けっこうあります。

 チュパカブラ 戦、

  は飛び散らないながらもアニメでは意外と激しい部類に入るバトルでした。






 ちなみに号泣必須なアニメ「あの花」にこの本編映像がTV画面上に流れるシーーンがあるそうです。
 
 確かに見た時、違和感 ありましたが、この作品だったのですね!?






 オープニング曲は中川翔子さんの「フライングヒューマノイド」。

 前から好きだった曲だったので、突然OPで流れたビックリ。

 歌詞も本編とところどころリンクしていて、更に愛着が湧きました。







 ちなみにラスト3話予想しない展開 へ。

 ええっ!  ってなること必須。








 今までウザかったキャラの、 ある真相 が明かされたり、

 本筋と関係ない積み重ねエピソードが、 まさかあういう形で昇華 ・・・



 




 UMA、宇宙人、ミステリーサークル、幽霊、超能力、怪奇現象、オーパーツ、陰謀論 等が好きであるならば、

 絶対、しめること 間違いなし!

 オススメです、 アニメ世紀末オカルト学院






予告 ※ナレの声いい! 題字とかB級感満載


OP抜粋 ※かなり高画質、痺れます!


エンディング「君がいる場所」 ※アニメでは珍しい実写ED


中川翔子 『フライングヒューマノイド』 ※PVです


LOVEマシーン/笹塚エクソシスターズ  ※モーニング娘の歌を・・・w 本作では90代ネタも大量投下


高画質MAD







関連記事
スポンサーサイト


秘密