上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
348647_02_01_02.jpg

2014年度作品
105分 / 日本
監督・・・落合正幸
出演者・・・小西彩乃、山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生、葉山奨之、井之脇海、黒木辰哉、武田航平、石橋杏奈
キャッチコピー → この“きつねの窓”絶対に覗いちゃだめだよ。

348647_01_02_02 (800x449)

348647_01_04_02 (800x449)

348647_01_01_02 (800x449)

348647_01_06_02 (800x449)

348647_01_05_02 (800x449)

gakkonoiu5 (800x449)





 学校の怪談 見ました。

 本作は同タイトルを原作とする劇場公開作品としては1999年公開の『学校の怪談4』以来、15年ぶりとなるシリーズ最新作。




 アイドルグループ‘ 東京女子流 ’の5人がメインキャラを演じます。

 ちなみに名前も本人の名をそのまま使用

 




 さて、感想は…





怖っ!

恐っ!






 背筋久しぶりに ゾクっ としました。

 アトラクション的恐さよりも、話の繋がりが見えた瞬間の絶望感に ゾワゾワ  しました!








*あらすじ*

 詩織は、ある不可思議な出来事をきっかけに、今は亡き母の母校を訪ねる。

 一方、高校では1年3組の生徒たちが、過去に1年4組で起こったガス事故についての噂話をしたことから、不気味な現象に遭遇してしまう。

 同じ頃、フェイクのホラー映像をつくろうと男女4人が廃校に忍び込む。やがて3つの物語は交錯し、想像を絶する恐怖を引き起こしていく。









 ちなみにですが前半パート、特に引っかかるものがなく、

  「どの子が東京女子流 なのかな?頑張っているなー」程度で鑑賞していたのですが、


 見ているうちに Jホラー特有 の時間軸を弄っていることに ハッ と気づかされ(←遅-よ) 、それからはもうこの 映画の世界 に没入(汗)





 特に三つの時代、それぞれの主人公達が 接触(リンク) する場面は見ていてハラハラすること間違いなし!





 悲惨事件 が胸痛みます。




 この場面、切ない恐怖 と言いますか、

 登場人物同様に

えっ、ということは・・・・マジかよ

という感覚に陥りました。

 




 あー嫌だ、嫌だ。 ←詳しくは本編見て!






 さてビジュアル面 では両手の指を使って窓を作ると、

 見てはいけない世界 (霊界が覘ける)と言われる

 きつねの窓 がとても印象的に描かれていました。








 それにしても恐いもの見たさで廃校に潜入する若者達。

 仮装して、心霊映像を捏造(フェイク)しようと企みますが、

 本物の霊 に遭遇w





 シチュエーションがこれまたリアルで、映像越しでもゾッ としました。








 ホラー要素

     +

 時間軸操作

     +

 分かれば胸に来る切ない恐怖






 これは見れば見る程、味が滲み出てくるタイプの映画だと思います。

 その都度、新たな発見ができそうです。

 オチが分かった上で、もう一度最初からジックリ鑑賞したいくらい。








 
 オススメなホラー映画

 「学校の怪談 / 呪いの言霊」

  超オススメですよー!







予告


特報


【PV】東京女子流:「十字架 〜映画「学校の怪談 -呪いの言霊-」Ver.〜」


『学校の怪談 呪いの言霊』 インタビュー




関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。