poster2sirayuki.jpg

2014年度作品
126分 / 日本
監督・・・中村義洋
出演・・・井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、金子ノブアキ、小野恵令奈、谷村美月、染谷将太、秋野暢子、ダンカン、山下容莉枝、TSUKEMEN、宮地真緒、朝倉あき、大東駿介、草野イニ、野村佑香、川面千晶、生瀬勝久
キャッチコピー ⇒ 私は、私がわからない。 

81ClBdREkqL__SL1500_ (800x450)

o06400420renbutsu1_large (640x420)

sirayuki0101 (439x278)

347420_01_02_02 (751x450)

5407d293e7f4fp2159201149 (640x420)

o06400460nanao1_large (640x450)

tumblr_n7bsp0fNDq1sxc041o4_500 (450x300)

o0480031512754499091 (480x315)

shirayukihime_03 (400x267)

61nAyu3KYnL__SL1023_ (800x450)

5407d29558021p2159201154 (640x420)




 映画「告白」の湊かなえさん原作の同名映画 「白ゆき姫殺人事件」 


 流石、湊さん!

 軽く人間不信全開なりそうな、 素晴らしいお話 ですw






*あらすじ*

 国定公園・しぐれ谷で女性の惨殺死体が発見される。被害者は“白ゆき石鹸”が大ヒットした地元企業“日の出化粧品”の美人社員、三木典子。

 ほどなく、被害者とは対照的に地味で特徴のない同僚女性、城野美姫に疑いの目が向けられる。ワイドショー番組のディレクターを務める赤星雄治は、さっそく美姫の周辺取材を開始するとともにその 足取り を追っていく。

 そして美姫の犯行との確信を強めていく中、取材で得たホットな情報を無頓着に次々とツイッターでつぶやき始めるのだったが…。






 物語は綾野剛さん演じる新人テレビディレクター赤星が、

 殺人事件 を独自に調べ追いかけます。




 インタビューした相手によって、

 先程、語られた(インタビューした)内容が、次に相手によって簡単に意味合いがされます。


 思うに、この些細な食い違い

 実生活でも普通に起こり得る怖さだな と何度も思いました。




 あぁ、人って怖い。




 相手によってコロコロ覆される。

 事は変わらないけど、その人の 感情 という要素が介入することによって、第三者からの捉え方が、ここまで大きく変わるとはホント驚きです。




 あと、ワイドショーについても興味深かったです。

 ディレクターの取材(インタビュー)場面が映るのですが、それがTV局によって放送される頃に、正しいと思われていた情報が更に形を変え、時に 捏造 され放送される現実。


 この一部始終を見て、普段鵜呑みにしていたワイドショーの見方が変わりました。確かにこの筋、一理あります。

 そして、ここで描かれているコメンテーター(その道の第一人者、専門家)の無責任さが尋常じゃないですw

 実際のゲストもあんなディレクターのインカム次第で簡単に表、裏の容易く回答をしているのであれば、 おい待て! です



 どうなんでしょうね?
 真相は内部に潜入しないと暴けない…。





 テレビを見る多くの一般視聴者は違和感持たずして、そこで過剰演出された情報を鵜呑みにしてしまう。

 なんたる恐しさ。

 これってヘタなホラー映画より強いぞ。






 誰が正しいか、

 何が正しいか、

 本当の真実とは一体どこにあるのだろうか…

 そもそも真実とは一体何なのか?

 真実って必要なのか?







 あぁ、訳分からなくなってきたw

↑ こんな感じで自問自答しながら鑑賞。映画自体は飽きずに楽しめました。






 「斬新だな!」 と思った演出が一つ。

 日頃使っているとても身近なコミュニケーションツールの一つ、Twitterの呟きが全編に渡り画面上に表示されます。

 プライバシー問題について深く言及しております。

 発言する リスク

 今まで炎上したことはありませんが、いつなんどき自分の身に起こらないなんて言えないなと感じました。





 さて、主要メンバーの井上真央さんと、菜々緒さん

 二人のキャスティング素晴らしい!

 あの は誰が見ても そう 見えるでしょう。




 そして、ダンカンさん。

 相手の立場によって態度を コロっ と変えるあの超無責任さ。

 ハハハハハハ w





 ちなみにこの映画では赤星は映像ディレクターだったのに対し

 原作小説では週刊誌記者とのこと。

 こちら も気になりますね!






 誰しも裏に潜む怖さ を描いた傑作映画

 「白ゆき姫殺人事件」 おすすめです!








予告


トークショーイベント





関連記事
スポンサーサイト


秘密