125946675631816216762.png

2009年度作品
全24話
日本 / アニメ
監督・・・長井龍雪
脚本・・・水上清資
声の出演・・・ 佐藤利奈、新井里美、豊崎愛生、伊藤かな恵、阿部敦、寿美菜子、遠藤綾、世戸さおり、田中晶子、関山美沙紀、大原崇、興津和幸、間宮康弘、橘田いずみ
キャッチコピー ⇒ とある街の、とある少女たちの物語 


WS000000_20091005105602 (708x400)

125936949430616109381 (711x400)

125815932910816108454 (711x400)

WS000001_20091005105602 (712x400)

4tjwtmsが (707x400)

125815884671816214959 (711x400)

b0184957_7275653 (715x400)

125515004351916123823 (711x400)

WS000002_20091031190454 (711x400)

20100123025932a6b (711x400)

125815945551116108542 (711x400)

WS000006_20091031190511 (712x400)

09045207 (711x400)

WS000000_20091205173518 (714x400)

WS000001_20091205173511 (714x400)

rshsmさtm」 (708x400)

20091226232853815 (711x400)

aenhoudjafaf (707x400)

125455947423316216616 (711x400)

nadsbufafhsh (710x400)

12_001024548 (711x400)

WS000009_20091226181549 (714x400)

img_8 (708x400)

toaru02 (710x400)

201002270244280ba (711x400)

toaru01 (709x400)

toaru03 (706x400)

201003200243398d4 (711x400)

toaru04 (705x400)

toaru06 (714x400)



私的に 「あの花」、「あの夏」 「とらドラ! 」とガッツリ心持っていかれる長井龍雪監督作ということで、以前から気になっていたしていた本作。



 しかし、第一話を鑑賞して

 まず思った。



「なんだ…この百合展開は?」 ※二話目以降はかなり抑えられますが、一話凄かった。

厳密言えば、片方だけが猛烈に迫ります。




 wiki で即効調べます。




 「おっと!?」




 本作が、見たかった作品の スピンオフ
 であることが 判明 しましたw






 でも、 しかし です!







 ギャグパートは下らなさに笑いこけ、

 能力バトルは、白熱展開に目が離せず、

 2話、3話と見ていくうちに、この世界観にまんまと ハマ ってしまいました。







 そしてなんと、長井監督自身も2クールの16話から24話まで監督としてクレジットされてました。





 さて本作、

 「とある魔術の禁書目録」の登場キャラクターの電撃遣いの御坂美琴を主人公とした作品です。

 厳密には 同じ時間軸の別な物語 だそうです。

 2クールで全24話

 その後「とある科学の超電磁砲SS」という続編も作られました。 まだ未見。





 さて今回のレビューは、 「とある科学の超電磁砲」 、全24話に絞ってレビューしていきたいと思います!

 1エピソードごとに語りたいのは山々ですが、日が暮れるのでメインキャラクター4人の紹介をしながら作品の魅力について触れていけたらなと思います。







*あらすじ*

 学生の超能力を開発する学園都市の中にあって、最高位に数えられるレベル5御坂美琴はエレクトロ・マスターと呼ばれる電撃使い。

 本人はそれを鼻にかけておらず、フツーの女学生として学友たちと戯れる毎日だ。

 しかし、学園都市の暗部に触れ絶望と共に暴走する女性研究者・木山春生の 悲しみ を知った彼女は……。






 まず前提に総人口230万人の内8割を学生が占める「学園都市」が舞台です。

 そこでは学生全員を対象にした 超能力開発実験 が行われており、全ての学生は 「無能力者(レベル0)」から「超能力者(レベル5)」 の6段階に分けられます。






 分けられる ということは

 各々 葛藤 やらなんやらの 想い も、募ってくるってわけです!







 さて登場人物紹介、トップバッターは本作の主役、

 タイトル名の ` 超電磁砲 'の御坂美琴。中学二年。

 曲がったことが大嫌いな性格で、よく白黒つけたがります。
 
 そんな性格のせいか微妙なグレーゾーンにぶつかると、意外と人一倍悩みまくります。

 ちなみにスカートの下には必ず半ボンを着用。
 また、可愛いもの目がなく。特にカエル好き。カエルっぽい顔の医師登場した時の反応が最高。


 能力レベルは最大レベルとなるレベル5
 



 必殺技 は愛用のコインに全エネルギーを集中させて親指デコピンする レールガン
 
 とにかくレールガンの破壊力、ヤバイです。

 半端ないです。

  たぶん本気出したら街壊滅させそうです


 







 続いて名前からも只ならぬオーラを感じさせる白井黒子

 中1(以降の二人も中1)




 彼女、最高です!




 初見、 「幼いビジュアルにしては声が老け過ぎてない?」

 と第一印象感じたのですが、今はもう新井里美さんでないと絶対ダメなくらいのハマり役です!




 彼女はジャッジメントとして街を守っており、能力はテレポートです。

 自身の身体はもちろん、触れた対象物もテレポートさせることができるんです!

 ちなみにテレポートする時に発せられる音、かなり好き。




 そんな彼女はかなり美琴を慕っており、当レビュー冒頭の 百合展開でドン引き した張本人が、この黒子さんです。

 でも普段は年以上に冷静な人なのです。ただ時折 変な妄想 が彼女を襲います。


 ホント、どういう生活していればそんな妄想壁がついたのか?と疑問なほど、度が行き過ぎる時が稀にあります。

 まさに美琴に対しては変態中の変態です。 ← 誉め言葉




 でも、笑わせてくれました。

 最高です!白井黒子!







 三番目は初春飾利

 とりあえず第一印象はその 花の冠 に目がいきますね。

 常に被っていますから。



 本編中で第三者に それ を指摘される場面があるのですが、

 見事に スッとぼけ ます。なのでいろんなが立ちます。

 詳しくは こちら 参照。はたしして真相は・・・・。



 黒子と同じくジャッジメントに所属しており、主に 情報分析 系等でサポート役として力を発揮します。




 性格はかなり天然ですが、

 時と場合により、周りが驚くほど熱い性格に早変わりします。




  特に後半、転校生で初春のルームメイトとしてやってくる春上衿衣に対して 姉的なポジション に変わっていく姿に感動しました。



 確かに、学校や職場などで 後輩ができる と、人って変わります

 その心境の変化が、リアルに描かれていて純粋に 涙 線 を動かされました。



 あと、涙をボロボロこぼしながら、親友を励ます場面には、こちらもやられましたね。








 最後は、四人の中で1番地味で能力なし。

 でも、 特殊能力がない というところでは、一番感情移入しやすいのがこの佐天涙子です。




 初春の親友で、 スカート捲り を日課としています。 ←ヤメロ



 能力がないこと で葛藤するエピソードには共感できます。




 能力に限ったことではありませんが、 周りが当たり前のようにこなしている のを見ると、多少なりとも劣等感を感じる気持ちはわかります。

 しかもそれが 人の為に役立っている こととなると更に気持ちが動きます。

 実際に能力者でない人間がこのような能力覚醒装置が手に入れば、彼女のように心が揺れますね。






 さてさて、
 
 そんなわけで 「とある」こととある科学の超電磁砲

 長井監督の、笑える、泣ける、考えさせられる の三大要素、

 本作も濃厚過ぎるほど全編に渡り、遺憾なく発揮されていました。





 更に今回は、新しい要素としてアクションも加わり、見どころ満載です!

 



 あと1クール(1話~14話まで)のオープニング曲、 fripSide さんの 「only my railgun」 が最高です!

 出だしの リズム 聞いただけで、映像が浮かびます。

 私的に滅多に上がらないテンションが、上がります♪






 あと、物語と直接関係はしていませんが、

 よく本編の中で登場する 自販機 がヤバイ

 気になるゲテモノな飲み物の数々w

 おしるこ はまだアリとして、

 カツサンドドリンク冷た~いおしるこいちごおでんヤシの実サイダーとか躊躇なくゴクゴク飲んでる姿がとてもカオス過ぎます。






 超能力系が好きな方 、特におすすめ! 

 紹介の百合展開からドラゴンボール並みのアクションまでご堪能できます!




 「とある科学の超電磁砲」  、 おすすめです!







op抜粋「only my railgun」


実写PV「only my railgun」


MAD「only my railgun 」 ※1~12話までの映像MAD


12話のバトル ※鳥肌立った。opの入り方が神ってます


MAD「only my railgun 」 ※セリフ多めMAD


Live版 fripSide:「Only My Railgun」 ※盛ソン間違いなし!










関連記事
スポンサーサイト


秘密