上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
339981_02_01_02textukenn.jpg
Tekken: Blood Vengeance

2011年度作品
93分 / 日本 / フルCGアニメ
監督・・・毛利陽一
脚本・・・佐藤大
声の出演・・・ 坂本真綾、松岡由貴、宮野真守、篠原まさのり、千葉一伸、田中敦子、渡辺明乃

textukenn01 (800x452)

339981_01_13_02 (800x449)

339981_01_12_02 (800x449)

339981_01_03_02 (800x450)

080textukenn (800x450)

tekken_blood_vengeance_screenshot___captura_by_ai_hanabira-d5ygt9b (800x449)

tekken_blood_vengeance_screenshot___captura_by_ai_hanabira-d5ygutg (800x450)

005textukenn (800x450)

339981_01_05_02 (800x450)

049textukenn (800x450)

058textukenn (800x450)

339981_01_35_02 (800x449)

tekken_blood_vengeance_screenshot___captura_by_ai_hanabira-d5ygvd4 (800x449)

339981_01_02_02 (800x449)

339981_01_14_02 (800x449)

339981_01_11_02 (800x449)

textukenn03 (800x448)

63cb90904d9ccedffbe1c38bea052400-d47mesl (800x450)

textukenn06 (800x449)

339981_01_31_02 (800x449)

textukenn04 (800x450)

339981_01_43_02 (800x449)




 中学生くらいの頃、友人宅でかなりプレイしてた同名ゲーム、

 それが PS2 の 「鉄拳ダッグトーナメント」!。 

 キングでコンボされまくった記憶アリw







 そもそも鉄拳は1994年にアーケードゲームとして登場、以後現在シリーズ7作目が稼動中、更に家庭用ゲームとしても移植され(シリーズ累計全世界出荷本数は4200万本以上)されている超人気作!

 そんな世界的大ヒット格闘ゲームの映画版鉄拳 ブラッド・ベンジェンスをこの度、観ました。








*あらすじ*

 巨大な力を持つ財閥が世界を牛耳る近未来。若き頭首・風間仁が率いる“三島財閥”と、その実の父親である三島一八が実権を握る“Gコーポレーション”が 熾烈な覇権争い を繰り広げていた。

 彼らは、人類初の万能細胞“M細胞”を求め、極秘に捜査を進めていた。

 やがて一人の高校生、神谷真がそのカギを握る人物として浮上してくる。

 女子高生にして中国拳法の若き達人、リン・シャオユウは、神谷真を巡る風間、三島両陣営の 争い に巻き込まれていくのだが…。








 実のところ、あまり期待しておらず、キャラデザもいいし、的な軽い気持ちでレンタルしました。

 見て、びっくりしました。かなり作品の 世界観、テイスト 好きな部類でした!最高でした。

 無駄なシーンがなく、テンポよく進んでいくストーリー展開がかなり 好感触🎵





 ちなみに 全編フルCG です。

 そりゃ、実写と比べれば違和感ありますが、かなり検討しているかと思います!







 むしろ、表情に至っては 二次元と三次元 のそれぞれの良さが、うまい具合に出ているので、シーンによっては 実写越えの感情表現 も見られます。







 特に リン のコロコロ顔色が変わる描写は、見ていて純粋に引き込まれましたね。CG、凄いよ。




 そんな彼女のペット(家族?)が パンダ です。

 あの動物園で見かける パンダ です。

 もっさもさの毛並みと愛くるしい顔。可愛過ぎ。

 学校にパンダに乗って登校する とか、完全にギャグなのですが、意外と様になっているところが怖いです。

 ちなみにゲーム版でも、一人のキャラクターとして戦えましたねw




 





 主要人物の一人、 アリサ の奇抜な服装もさることながら、

 ふわふわした天然系オーラ 、

 ちなみに早い段階で彼女が、アンドロイドだと判明します。

 人間とロボット との思想感の違いも描かれ、かなり物語に深みが出ていました。




 後半にて描かれるシーン、

 彼女が 自分の身を犠牲にしてまで助けようとする 強い意志

 その 友情 に泣きそうになりました。二人の軽い感じの掛け合いも見ものです。





 更にピックアップされる 愛、貸借り などの描写もかなり印象に残りました。







 実写では撮れないであろう 目を奪われる迫力のアクションシーンも見所です。



 リンが徐々にパワーを出しながら戦う場面。

 アリサがアンドロイド的圧倒的なパワーで少しずつ攻めていくシーンはハラハラドキドキ。






 大変、面白かったです!!

 これはリピート鑑賞したい作品かも。ちなみに先日購入した「ドットハック/世界の向こうに」と同じく「鉄拳ハイブリッド」として発売済みなので購入してしまうのも時間の問題かも







 過去にゲームプレイしたことがある方は勿論のこと、

 アクション、友情もの が見たい方にはかなりオススメできます!

 あと、パンダ好きは必見!!




 おすすめです、 鉄拳 ブラッド・ベンジェンス








予告


冒頭7分 抜粋


バトルシーン抜粋(英語版) ※この後物凄いバトルが展開されます


パンダ登場シーン抜粋(英語版)












関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。