上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
c20121002_sao_01_cs1w1_300x.jpg

2012年度作品
全24話(※当レビューは15~25話「フェアリィ・ダンス」編) / アニメ / 日本
監督・・・伊藤智彦
原作・・・川原礫
声の出演・・・松岡禎丞 、戸松遥、竹達彩奈、伊藤かな恵、日高里菜、高垣彩陽、平田広明、安元洋貴、早見沙織、山寺宏一、子安武人
主題歌・・・藍井エイル:「INNOCENCE」

70Hncj37dikd2so-do (800x450)

00997f25so-do (800x450)

56H7c738kid2sodo (800x450)

a6413032so-do (800x450)

48Yuc7uJnd2so-do (800x450)

71Hjc73Eidk2dso-do (800x450)

69H7c738kid2so-do (800x450)

68Yuc7uJnd2so-do (800x450)

76Huc318dik2so-do (800x450)

81Hncj37dikd2so-do (800x450)

81f9e004so-do (800x449)

3004e2d0so-do (800x449)

60Huc318dik2so-do (800x450)

61Huc318dik2so-do (800x450)

48Hj2nc3Km2so-do (800x450)

54Hj2nc3Km2so-do (800x450)

72Hj2nc3Km2so-do (800x450)

84Hjc73Eidk2dso-do (800x450)

72Yuc7uJnd2so-do (800x450)

e86cfa16so-do (800x449)

88Bhc43jdm8so-do (800x450)

fc9c3eaaso-do (800x449)

81Bhc43jdm8so-do (800x450)

56Yuc7uJnd2so-do (800x450)

58Gbc5376dhso-do (800x450)

60Gbc5376dhso-do (800x450)

8f8908c8so-do (800x449)

41Fbch65d7uso-do (800x450)

72Gbbmvc7ejsso-do (800x450)

50Gbbmvc7ejssodo (800x450)

66d7ed50so-do (800x449)

e2945e4fso-do (800x449)

51Hnbv67eujd2so-do (800x450)

45Hncj37dikd2so-do (800x450)

o0800045012342344323 (800x450)

80Hnbv67eujd2so-do (800x450)

1d27a6abso-do (800x449)

88Hnbv67eujd2so-do (800x450)



 はい、15~25話「SAO」こと「ソードアート・オンライン」のフェアリィ・ダンス編のレビューとなります。


※前レビュー1~14話までの「アインクラッド編」は こちら からどうぞ






*あらすじ*

 2025年1月。SAO事件から2ヶ月が立ち桐ヶ谷和人もリハビリをしながら生活をしていた。

 しかし未だにSAOからの「未帰還者」として最愛の人 明日奈 を初め300人のプレイヤーが原因不明で眠ったままであった。

 ある日、エギルから渡された情報でアルヴヘイム・オンラインというVRMMORPGにて明日奈らしき姿を発見、写真を見せられた。和人はアスナなのか、そうであれば助ける為にALOへと再びキリトとしてフルダイブをした。

 しかしそこは剣の世界であったSAOとは全く違う種族同士が争い、魔法が支配する妖精の国であった―――






 
 ここから ネタバレ含みます。

 未見の方はご注意






ぶっちゃけ序盤は

 「 あれっ!? 」

 って感じでした。







 前回のアインクラッド編はキャラに感情移入でき、そんな彼らの斬新な 夫婦スイッチ に感動したわけでありますが、この15話からは現実世界に戻ったところから物語は始まります。



 ヒロインは不在

 厳密には病室のベッドで植物状態です。そんな彼女がいると噂された新たなオンラインゲームの世界、アルヴヘイムへログインする主人公キリト。


 オンゲあるある、種族選びから始めます。この辺は見ていてワクワク。

 たくさんの種族の中から、影妖精族のスプリガンを選びます。

 そしてログインモーション演出へ。相変わらずこのログインする場面は胸が高鳴りますね!




 き、き、来たーっ!





 でも、なんだろう … しばらく話数を重ねても、 なんか物足りない感 がします💦

 いんですよね。

 一番の違いは簡単に ログアウト できるってこと。






 前作の「アインクラッド編」は

 ログアウトができない、死んだら死亡というデスゲーム プレイ環境。

常にハラハラドキドキ感が出ていたのですが、今回は例え命を落としても再びプレイできます、随時ログアウトも可。



結構緊迫した戦闘場面でも、

 キリト本人も発っしますが、

キリト「死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ 」

 と キリッと ドヤ顔 状態なんですよw







そんなわけで、基本的に前作のあの スリル があまり感じられないのです。

見ながら、「アインクラッド編が恋しいなぁ 」 と鑑賞。

ところがどっこい、16話で一気にその気持ちが覆されます。





「…俺のパーティは絶対に死なせない!」

  ぶっちゃけ 死んでも戻れる。

 「けれど、」

 「意地でも自分は死なない!そして目の前で自分の仲間を絶対に死なせない!」 こんな感じのセリフ言ってました



 ↑ ヤベェ、キリトかっけぇ!

 この名セリフが放たれてから、一気に作品の見方が ガラリ と変わりました。







 さて、ヒロイン アスナが囚われのピーチ姫状態なので変わりに、今回新たに登場したのがエルフ族のリーファ

 現実世界ではなんと、まさかの主人公の です。

 前作の第一話で少し登場しましたが、一気に 昇格




 意外とお互い、兄弟だってこと、気づかないです。

 あー、見ていてもどかしい 





 でも、 22話 でお互いの正体がついにれます。

 兄キリトと妹スグ、実は血が繋がってない兄弟なのです。
 


 妹のスグは現実世界のが好きで、でもには好きな人(アスナ)がいるから悩んだ末、諦めオンラインゲームで出会ったキリトを好きになるが・・・

 その男こそまさかの現実世界での、

 とにかく見ていてせつない、ダブル失恋、っ。何度も言いますがないですね。葛藤しまくり。場面によっては「こっちが主人公か」と思うくらい深く心情が描かれていました。


 おいおい、どーすんの?






 今回、 魔法 が解禁したということで戦略バトルが熱かったですね。

 アタッカー(攻撃専門)とヒーラー(回復専門)のコンビネーションがまたいい!
 
 ダメージ受けたら、後方で回復する現状維持戦法。 これ、ゲームあるあるですよね!?





 新しい といえば、この世界では も飛べます。いいな、いいな!
 
 滞空時間の制限はありますが、

 縦横無尽に飛びまくる姿だけでもかなり になりますね






 再び ユイ がナビゲーションピクシーとして再登場します!

 常にキリトの近くに存在。

 「パパッ、ママッ」 ボイスがなんか心地いいです。

  今までのエピソードを未見の方からすれば、妖精にパパって呼ばせてる変態ですが・・・それまでのエピソードを見ていれば結構じんわりする場面になるんですよね






 

 囚われた身のアスナが待つユグドラシルの頂上目指すも、ガーディアンが大量出現します。

 一匹一匹は大したことないけど、いかんせん数がまじいのです。
 
 頂上にまともに上がることができない、このシチュエーションは間違いなく 絶望展開 ですね。あー怖い。





 さて、今回の敵は須郷。自分を全知全能の神と思っている男です。
 
 子安武人さんが演じています。

 もうこのキャラは久しぶりに寒気がするほど気持ち悪い、最低最悪な ゲスキャラクター なんですよ!

 


 須郷のやり方にキリトがブチ切れて

  けっこう エゲツない倒し方 しますw
 
 この一連の場面、見ててビビった。ここだけR-15指定入れてもいいくらい別モノになってます。実は少しドン引きしましたw





 
 そして最終話

 囚われのアスナを奪還し、改めて現実世界でご対面、そして自己紹介。

 また来たっー!!!

 前作の最終回とデジャぶります。

 15話では仮想キャラクターで自己紹介しましたが、今回はリアルでの自己紹介、

おおおぉおおぉぉ! 感動。

 なんか胸に染みます。


 




 とりあえずこれにて「SAO」は終了。

 エンディングを見た限り、きちんと複線を回収しきったと思いますが、

 なんと、続くシーズン2 もあるんですよね。





 この余韻にしばらく浸りたいので、少し時間を空けた後、

 2 へ行こうと思います。





 全25話を見てきて、総評すると本作は ラブストーリー なのではないかなと思います。

 空想世界で出会い、恋をし、離れ離れになり、現実世界で再会。

 本当に いいもの 見させていただきました。






 この「ソードアート・オンライン」 、オンラインゲームに興味がある方はもちろんのこと、

 ファンタジーデスゲーム 、更に ラブストーリー 要素も含まれます。




 かなり、おすすめです!







予告


op 藍井エイル「INNOCENCE」 抜粋  


本人出演PV(Short Ver)※北海道札幌出身のアーティストさん!


ed 春奈るな 「Overfly」 抜粋 


本人出演PV「Overfly」  ※私的にインパクト大だった映画「フジミ少女」のゴスっ子演じた春奈るなさん。こっちが本業


声ありMAD 洋楽:Ashes Remain 「Everything Good」 ※かなりいい!


MAD SAOフェアリィ・ダンス編 「真冬の夜の夢」


MAD①「SAO(全25話)」 ※編集が素晴らしいです!


MAD②「SOA(全25話)」










関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。