上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
少女たちの羅針盤チラシ1
2010年度作品
113分 / 日本
監督・・・長崎俊一
脚本・・・矢沢由美 、谷口純一郎
出演・・・ 成海璃子、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有、黒川智花、塩谷瞬、石井正則、水本諭、前田健、金山一彦、清水美沙、石黒賢、戸田菜穂
キャッチコピー ⇒ ねえ、殺すってんな気持だった? 

51jB1jk7ciL__SL1024_ (800x531)

338446_01_01_02fa (800x533)

71jxF+G3YjL__SL1024_ (800x531)

rashin3 (800x586)

3384fdga46_01_03_02 (800x534)

o0640034811651315096 (800x435)

rashinbandvd (800x532)

61vLD7igZJL__SL1024_ (800x531)





 とても見応えがあって面白かったです!




 劇場公開時、気になってはいたものの鑑賞を逃し、更にDVD化されてもなかなか見る機会がなかった作品、やっと見ることができました。




 うん、予想以上に楽しめた!





*あらすじ*

廃墟となったホテルでネットシネマの撮影が始まろうとしていた。ヒロインは新進女優の舞利亜

 しかし、いくつもの不可解な出来事が舞利亜を恐怖に陥れていく。

 彼女には、4年前に謎の事件よって突然活動停止となった伝説的女子高生劇団“羅針盤”のメンバーだったという誰も知らないはずの過去があったのだが…。







 本作、ジャンルとしてはサスペンス枠に入るだろうけど、青春映画としてもかなりの見応えがあります!

 いや、むしろこっち目当てで見た方がいいかも!

 って感じに素晴らしく仕上がっています。




 何より女子高校生 四人の性格分け もシッカリされて見ていて心地よかった!





 物語が始まって早々、演劇部の先輩と 対立 する場面。

 「こんなつまらん部活動なんて、やってられっかよ!」 

 と部室を飛び出し、自ら劇団を立ち上げようとします。
 

 このシーン、とても良かった!





 本作、見ていてアニメ「ラブライブ」を思い出しました。

 アイドル活動を始めようとした、リーダーの穂乃果は、この映画でいう自分達の劇団 羅針盤 を立ち上げた鳴海璃子さん演じる瑠美。

 彼女はあからさま過ぎるほど、猪突猛進型タイプ。

 周りの友人を振り回しながらも、人一倍行動力がある憎めないキャラクター。 やっぱこういう人がリーダーになるんですよね!

 見るからに 先導者 って感じです。

 そんな彼女がバーガー屋でイライラしながらハンバーガー食う場面があるのですが、ガツガツ感ハンパなかったw




 そんなリーダーに付いていく ことりポジションは、草刈麻有さん演じるかなめですね!

 もうサポート役はまかせろ! って感じでバックアップ力が地味に凄いです。



 他にもボーイッシュ系の梨里子、別の学校から呼び込んだ入った少しツンデレが入ったの四人の劇団となります。






 もう、青春っ!

 この4人、ほんとになります。




 知名度を上げる為に自分達でホームページを立ち上げたり、ブログを更新したり、台本書いたり、衣装作ったり、路上で即席舞台を作ったり、稽古場なくて どーする 展開に陥ったり、照明買う金ないから懐中電灯で代用したり、

 あと、晴れ舞台前前に皆で手を重ねて 「やるぞ、オー!」 みたいなことやったりw




 勿論、楽しいことだけではなく、いろんな 苦難 にもぶつかります。

 時にメンバー内でぶつかりもします。

 それでもそれぞれ悩みを抱えながらも夢に向かって がむしゃら に突き進んでいく姿に、並々ならぬ 感動 を覚えました。





 コメディ的な要素も、ちょくちょく入ってきて面白かったです。

 ラーメンのくだりの舞台劇がコントみたいで、笑えました。



 あと私的に、

 劇団をよく思わないギャル三人衆が、

 「でんで~んむ~しむし、か~たつむり~!」 

 と強引に妨害活動する場面は爆笑した。 ←何なんだ、その曲チョイスはw





 さて本作は、第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞で優秀作を受賞した ミステリ 作品です。

 オチに繋がるため、控えますが

 自分は完全に されましたね。

 とだけ言っておきます。




 青春ミステリ、 少女たちの羅針盤 ほんとオススメ!









予告


主題歌 矢沢洋子:「羅針盤」







関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。