whip_it_ver4_xlg.jpg
WHIP IT

2009年度作品
112分 / アメリカ / PG-12
監督・・・ドリュー・バリモア
脚本・・・ショーナ・クロス
出演・・・ エレン・ペイジ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、クリステン・ウィグ、ドリュー・バリモア、ジュリエット・ルイス、ジミー・ファロン、ダニエル・スターン、アンドリュー・ウィルソン、イヴ ローザ・スパークス、アリア・ショウカット、ゾーイ・ベル、ランドン・ピッグ、アリ・グレイナー、ユーレイラ・シール、 カルロ・アルバン
キャッチコピー → 転んだ分だけ、強くなる。彼女はドレスを脱いで、傷だらけのスケート靴に履き替えた。 

medium_whip_it_59 (800x532)

336031_01_06_02 (800x531)

whip-it_juliette-lewis_leather-shorts_ellen-page (800x531)

336031_01_10_02 (800x531)

336031_01_02_02 (800x531)

whip-it-2 (800x531)

o0560028011514677638 (800x400)

Whip_It-990x657 (800x530)

whip_it_02 (800x531)

336031_01_07_02 (800x531)

whip_it_01 (800x531)

whip-it-4 (800x585)







 久しぶりの洋画

 しかもドラマ、いつぶりでしょうか?





 なぜ本作を観たのかというと、定期的に好き好んで見ているクソ映画(酷評映画)。

 その逆で名作、 感動出来る完成度の高い映画を見たい!

 という想いのもと、ここ数ヶ月ご無沙汰だった洋画ドラマに絞って捜索。

 そんな中で辿り着いのが本作 ローラーガールズ・ダイアリーです。






 と、いうわけで、期待値上げ気味で鑑賞しました。



 



*あらすじ*

 テキサスの小さな田舎町に暮らす17歳の女子高生ブリス。美人コンテストで優勝することが娘の幸せにつながると信じる母親に違和感を抱きながらも、言われるままにミスコン中心の退屈な日々を送っていた。

 そんなある日、都会のオースティンに出かけた彼女は、そこで“ローラーゲーム”の存在を知り、“女性らしさ”なんてお構いなしのワイルドはスポーツにすっかり魅了されてしまう。そして、家族に内緒のまま年齢を偽って入団テストを受けみごと合格、チームの一員に迎えられる。

 こうして、年上の個性的なチームメイトたちの中でもまれながら、意外にも眠っていた才能を花開かせていくブリスだったが…。








 物心付く頃から 母親より敷かれたレール の上を進んできた内気な高3の女子が、

 初めて自分から率先して やりたいこと、夢中になれるもの を見つけ出し、

 生き生きと輝く様を描いた感動作です。







 冒頭、コンテストのワンシーン。

 青々と染まった髪、色が落ちないと焦る主人公ブリス。




 この場面、はじめなんの説明もないので、はたして彼女は何を焦っているのか?

 何の発表会なのか、全然分かりませんでした。

 鑑賞後、調べてみると、美人コンテストだと判明。

  馴染みないなーw






 それでも鑑賞時、美人コンテストが分からなくてもとりあえず、母親が娘にかなり 期待 していることだけは感じられました。

 母親は 「子に輝ける将来を手にして欲しい」 と強く思う。どんな親だってそう思いますよね。







 ただ当の本人にしてみれば いい迷惑 だ。

 それは 本当 の自分じゃないから。

 でも実の母親の願い。

 気分は乗らないものの、その期待に添えようと努力はしていく娘。 葛藤しています。







 そんなある日、母親と靴を物色中に、ローラースケート颯爽 と店内に入ってきた二人組が、、

  「チラシ置かせてください!」

  といった何気ない場面に遠めから出くわします。






 そのチラシをこっそり手に取るブリス。

 勿論母親には 内緒

 ↑この設定が後々、生きてきます!





 そのチラシにはローラーゲールの大会の日程が書かれており、

 親友と親の目を盗んで見に行きます。

 そこでその新鮮な世界に心を奪われ、

 ベッドの下より埃被っていたローラースケートを引っ張り出す至ります。





 この部分はとても丁寧に描かれていました。


 


 紆余左折ありつつも、メンバーにブリスが加わります。

 当初は` 負けて当然 とにかく楽しむ! '

 という モットー のもとゲームを何年にも渡りプレーしてきたメンバー達。





 彼女が加入したことによって、少しずつ気持ちが、前向きになっていきます。

 ‘ 勝てないか?この試合、 勝てる! 絶対勝てるよ!勝ちに行こうっ!'

 変わっていく目標意識。






 さてこの映画で描かれている ローラーゲーム という競技。

 未知の世界です。

 勿論、自分はやったことないし、実際の競技を見たことないです。






 競技のルール、完全に把握していない状態だったのですが、決勝戦では思わず手に汗握る展開の連続に終始興奮しっぱなしでした!



 かなり白熱試合ですよ。

 特にブリスがメインとなる仲間の力を借りて加速する必殺技whipが最高です!

 この技、成功した時はほんとカッコイイです。

 ちなみに原題もこの「whip」だったりします。






 スポーツもの映画は、その撮影の裏側が気になるところ...。

 引き絵やスタントダブルも使用していますが、それでも役者は身体張ってます。

 転倒するシーン とか、見ているだけでそう。

 相手プレイヤーからエルボー飛んできますw とても荒々しい競技です。









 そんなローラーガール世界を描いておきながらも、同時進行で 友情 も描かれます。

 ブリスはファミレスでのバイト中。



 その環境には、共に悩みを分かち合える同年代の大親友がいます。



 後半、あることがキッカケでケンカし 仲違い してしまいます。

 本人にとっては大問題ですが、シナリオライター目線でみると、

「この場面うまいなー、葛藤出まくりだなー 」

 なん思う感動できるシーンに要注目です。





 
 他にもメンバーの過去だったり、敵対するチームとの争い、イケメン彼氏の登場だったりと、いろいろな要素が 同時進行 で描かれます。

 そして悩んだ末、決断するブリス。





 でも物語構成はとてもシンプルで、悪く言えばかなりベタ(アメリカ青春映画の王道)。





 なんだけど、とても 感動 できます!

 ところどころ登場する人物たちの言動に心奪われます。
  
 完全な悪役はいないかもしれません。








 中でも後半、あの地味で冴えない女子高生が 別人か と思うほど変貌していく成長する姿は感動できます。

 ほんとに キラキラ しています。

 応援したくなります。






 監督は子役女優上がりのドリュー・バリモア監督。

 本作でも脇役のプレイヤーとして、頭より、先に手が出る荒女というキャチコピーが付きそうなキャラを演じておりました。






 見終わった後の爽快感。

 輝く瞬間はカッコイイです!





 たまには洋画もいいかもローラーガールズ・ダイアリー 、超おすすめです。











関連記事
スポンサーサイト


秘密