postdgdafder2.jpg

2015年度作品
99分 / 日本
監督・・・京極尚彦
原作・・・矢立肇
声の出演・・・新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、Pile、楠田亜衣奈、久保ユリカ、徳井青空

1434454069-b397715fec4c50deb410bef364a59e8d (800x450)

1429928225-feca12fc35b4efa963dab137de3ec97f (800x450)

351663_01_09_02 (800x449)

1434454200-54a0afc96a8114ae33abd0e24f93b8a2 (800x450)

351663_01_08_02 (800x449)

1434454549-3d3e6edaf8030a979fc1920c93b69b9f (800x450)

1434454775-d7f90019981a7d6c77c3339000225c9d (800x450)

1434455034-a669e2e338a384dcb423904f8571f23b (800x450)

7240ういるc085 (800x450)

1434454584-c5779676be775ef24f9d928e90113216 (800x450)





ラブライブ」にはなんやかんや 動かされた。




 アプリ「スクフェス」長い間ハマったり、
今はやってませんが、たまにアンプに繋ぎ大音量でシャンシャンします

 部屋にいつの間にかカレンダー置かれていたり、 ← 確信犯

 自分でも驚くことにライブビューインクに足を運んだり、←知らぬ間にチケットポチってたw 会場はカオスだったな



 そして何よりもアニメシリーズ1期、2期共に 2周 回りました。 ←だから確信犯だって!





 そんな ラブライバー 状態で、本作の最後に相応しい結末が描かれると話題の映画、 ラブライブ! The School Idol Movie 、ついに劇場にて鑑賞してきました。




 はい、



 ヤバいね、

 予想以上に来マシタ。







 ちなみに劇場にて聞こえる一発目の声が、内田彩さん演じる甘声ボイスキャラ南ことりが大音量にて

「 ... ほのかちゃん」  に噴出しそうになりましたw
 





 さて事前情報通り、 最後に相応しい締め括り で、切ないながらもスッキリした終わり方で大満足🎵

 ありがとう、ラブライブ、ありがとうμ's!







*あらすじ*

 前回の“ラブライブ!”でみごと優勝を果たしたμ's。

 3年生の卒業とともにその活動も 終わり を迎えるはずだった。

 ところが、卒業式の直後、μ'sのもとにある 知らせ が飛び込んでくる。

 これを受けて、思いがけず新たなライブをすることになったμ's。見たことのない世界にふれて、9人はまた少しずつ成長していく。








 この映画、アニメシリーズを見ている人にとっては、本当にいい意味で ズルい映画 なんですよね。




 なぜかというと、既に各キャラに愛着が湧いているからだ。

 魅力的なキャラクター達の頑張る姿、喜怒哀楽、そして決断する姿!

 もう それだけ で楽しめないハズがないんですよ、この状況。

 ライブ前、ステージ裏で自分の番号を順番に連呼するだけの何気ないシーンですら、涙線潤う始末ですw なんだこれ






 というわけで「ラブライブ」を一度も見たことがない方にとっては、

 この映画単体で受け取る情報量が圧倒的に少ないので、楽しめるかと言えば、ちょっと疑問に感じますが、

 アニメ見た方にとっては平凡な場面でも、常に涙 線がジワジワ刺激される至福120分 に早変わりします。








 物語後半

 予想以上に葛藤するメンバーの描写が素晴らしかった。





 主人公、穂乃果の葛藤が特にヤバイです。

 そもそも μ's (ミューズ。 ※石鹸ではない)は特殊なアイドル形態です。

 一般的にアイドルといえば、学生であれば学業と両立します。

 かたや学校生活、かたや所属事務所。

 その 活動する場所ホーム があり、そこでガッツリアイドル活動を行うのが普通です。




 ちなみに同じ系統のアイドルアニメ「アイドルマスター」も「Wake Up, Girls」もそのパターンにて展開されていきます。




 事務所があるということは、プロデューサー(マネージャー) がそのグループを自ら解散しない限りは、永続させることができます。






 ここです、ここ!

 「ラブライブ」 が異なるところはそこなんです。





 高校のアイドル

 野球部とか、弓道部とかの一緒のくくりの部活です。

 しかもアイドル部の専任講師なんてものはいないものですから、ほぼメンバー9人による自主活動となるのです。






 スクールアイドルだからこその、この縛り!

 私的にこの部分が もっとも感動できる最大のポイント だったと思います。





 そう、彼女達は高校生

 日本の高校と言えば、だいたいが3年制です。



 このグループμ'sは1、2、3年、各3名ずついます。

 3年生の綾瀬、東城、矢澤はどう足掻いても卒業 が他のメンバーと比べ先に来てしまう現実

 しかもこの3人、それぞれクセもの(プライド高い、過去・家庭に捉われられていたり)なので、また一層ここで ドラマ 生まれます。






 アイドルはファンがいなければ、成り立ちません。

 それが一番目で見て感じられるのが、ライブ





 μ'sは、歌は勿論、ダンスも踊ります。

 ライブイベントするには、その度に練習が必須。

 学校終わりの放課後、校舎の屋上を利用して日々レッスン。

 高校を卒業すると、まずこの学校自体入ることが出来ない為、自動的にμ'sでの活動は 不可能 になります。

※留年するという裏技はあるにはありますが...






 アニメシリーズ二期でも、この辺りは終盤かなりピックアップされており、

 この絶対的なルール関しては、どうしょうもない為、その憤りが余すことなく描かれていました。 切な過ぎます





 そんな状態、

 二期の最後、夢のまた夢だった

 大ステージで、

 この9人で泣いても笑ってもラストライブを迎えます。






 涙の一位の座も獲得。

 そして三年生の卒業式を終えた 帰り道に....。






 はい、





 そこから、映画版の物語が始まります。

 そして映画版はそこで予想外の結末を迎えるのです!!






 ここからはネタバレ含みます。
 お気をつけを。






 トップの座を獲得し、予想以上に人気が出てしまったμ's。


 彼女達の決断は なし には見れません。


 もしここまでの人気にならなければ、もしかしたら3年生卒業後、残った1、2年生で活動を続けていたかもしれません。






 嬉しいことにうなぎ登りに急上昇する人気。

 「次のライブはいつか?」

 と声が彼女達の元に届きます。





 スクールアイドルとして活動してきた今まで。

 このパワーがあればスクールアイドルという名は変われども、また今まで通りアイドル活動を行うことができるという もう一つの可能性 が浮上します。

 ちなみにライバルグループ、アライズは、この手法を取ります。




 私達が今、活動を辞めたら ... お客さんを悲しい顔を見たくない。

「私たちが今後も活動を続けていくことで、皆に元気を与えることができる!」




でも、しかし、

「あの時皆で悩んだ末にたどり着いた答えは、決断したものはなんだったんだろうか?」

※二期終盤、海辺の告白シーン。μ'sの名前は変わるが、新たな名前で活動するかもという展開ありきの展開です





 既に答えは出ている状況。

 μ'sを続けるか、続けないか で再び葛藤する面々。






穂乃果自身の口から漏れる一言。

「難しいなぁ....」

↑ 当たり前だ、高2でこんなデカイ悩み抱えるなんて普通ありえない







 そして選んだ決断。

 μ'sはこの9人以外考えられない。

 ラストライブを最後に解散を決意。



 辛いがケジメです。



 そもそも自分達は売れたいからアイドル活動をしたのではないし、

「むしろ学校を廃校から救いたい」 が為に手を出してみたのが、このアイドル活動だった。




 もしかしたらアイドルではない、違った部活で廃校を免れようと、奮闘していたかもしれませんね。




 μ's結成しようとした発案者リーダー、穂乃果の決断。

 皆、すんなり受け入れます。




 穂乃果あってのμ'sだから、

 反論するメンバーは誰一人もいません。





 そして終盤、今度こそ最後です。

 本当に最後。

 μ'sの最後の曲は9人全員名前が 歌詞 に登場します。







 やべぇ








 この最後の曲関しては映画序盤から

「最後相応しい曲にする、この9人だからこそできるラストソング!」

 と 伏線を早いうちから貼っていました。





 まさかこういうで表現されてくるとは驚きです。 早速CD早速予約しました。





 歌詞に ウル と来ること間違いなし。

 名前のところで、ピンで写る何気ないシーンも一期二期含めた全シーンが 走馬灯 のように蘇って来ました。

※実際には走馬灯演出はありません





 うん、いいもの見せてもらった。





笑いあり、涙ありのエンタテイメント超大作、ここに完結





 ちなみにこのラストソングがあまりに感動的だった為、印象が薄れましたが他にも 見所 が沢山あります。

 序盤の アメリカ横断ライブはじめ、全国のアイドルに自主的に出演オファーをかけ、一同にアイドルが結集するとライブがこれまた凄かった。





 このシーン、

とんでもない数 のアイドルが勢ぞろいしますw




ここだけ見たら、「STAR WARS エピソード2 クローンの攻撃」のクローンが絶望的に大量登場する場面の、アイドル版です。もう画面に収まりきらないほどのアイドルが結集し、ワチャワチャ踊りだします!!







 カ、オ、スッ~~~!








 ギャグじゃありません






 とにかく感動をありがとうラブライブ、そしてμ's!






 おすすめです ラブライブ! The School Idol Movie








【予告】


TVシリーズ全話振り返り


劇中歌「Angelic Angel」  ※サビの盛り上がりは鳥肌立ちました


【MAD】 ※本編最後に流れる曲「僕たちはひとつの光」












関連記事
スポンサーサイト


秘密