上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
a34c1587b07b8567b3ee1eb45ffb277d.jpg
2015年度作品
85分 / R-15 / 日本
監督&脚本・・・園子温
出演・・・トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜、桜井ユキ、高橋メアリージュン、磯山さやか、平岡亜紀、冨手麻妙
キャッチコピー → 全国のJK(女子高生)の皆さんあなたたちはちょっとふてぶれしいので、数を減らすことにします 

52626421274928625 (800x512)


15512561938 (800x437)

5444315616646 (800x524)

30095537cddeb9334e223245f91dc11b-1024x695 (800x542)

CGtaWd2VIAI3Q1y (800x534)

36451972727 (800x524)

521272682765286585 (800x522)

news_header_realonigokko_201505_05 (800x538)

15631561134 (800x516)

2654161156 (800x527)




 見てきました




 園監督2015年上映三本目の作品 「リアル鬼ごっこ」










 とりあえずまず、 言わせてください!




冒頭、修学旅行にてオール女子高生、運転手、バスガイドまでも女性という allガールズバス御一行 ✖️ 2 台






 キャッキャッ 騒がしいバスの中。







 一人が、
 「修学旅行の定番やろうよ!」


 「いいね、いいね」


 「やっぱマクラ投げじゃね!?」


 「だよねー」








 おい、おまえら

 確かに 枕投げ は外せない定番中の定番だが...










 ちょっと待ってくれ!









 バスの中 で枕投げはさすがに 時と場所を考えろ!

 寝る準備をしつつ 見回りにやってくる先生を回避 してから始まる イベント だろ!









 ・・・。


 w( ̄Д ̄;)w



 ええっ!!!








 いきなり一人の女子生徒から枕が スマホを取り出す感覚 で枕が出てきます。




 、なにが起きた 今っ!




 もう一度リプレイさせてください!

※劇場なので、不可能ですがDVDなら間違いなく巻き戻ししたでしょう





 そのままバスの中で 枕投げ戦争 勃発。




 定番の羽毛が飛び出す展開へ

 現場はバスという密室。どうなるかは目に見えています。






 ああああああ





 バス中が 羽毛まみれ





 危ないわ

 絶対前見えてないよな、運転手






 それでは前置き長くなりましたが、


*あらすじ*

 ある日、のどかな山道を走る観光バスに、修学旅行と思しき女子高生の一団が乗っていた。すると一陣の風が吹き、バスの上部が女子高生たちの胴体もろとも一瞬にして切断されてしまう。

 偶然にもただひとり難を逃れたミツコは、血の雨の中を無我夢中で逃げ延びる。

 やがて、ふと我に返ったミツコは、なぜか学校の教室で友だちたちと談笑していたが…。






 ちなみに先程のが登場する理由は、ちゃんとあとから説明されますので、ご安心を。





 ついこの間、劇場にて鑑賞したR指定どころか、PG指定すら入らないファンタジー作品「ラブ&ピース」と異なり、

 本作は女子高生が数十人単位で身体を切断されたり、狙い過ぎなパンチラあったりで、わけわからないけど、 スゲーB級パワー全開 してくれる快作映画。




 要はこの突き抜け感、

 これです、これ!



 私的こういうの 大好き 。なんていうか、自主映画ノリな展開。予想つかない物語に始終ワクワクドキドキ感が止まらない。









 トリンドル玲奈さん、上手かった!




「 私はみつこ、わたしは...みつこぉ、ワタシはみっ...」 と永遠と繰り返す場面、




 なんでそんな繰り返すんだっていうくらい カオス に繰り返します。




 ワタシはミツコ




 もうええわっ!




 ただ園監督の手腕に掛かると、「愛のむきだし」の 満島ひかり さんが川辺にて感情剥き出し場面を彷彿させるのがすごいところ。




 更に篠田麻里子さんの花嫁衣裳でのアクションシーン。

 完全 別ジャンル映画に早変わり。

 アクションヒロインの登場です。





 本作、山田悠介さんの同名小説を原作とした映画なのですが、もう全くもって関連ありません。

 原作を読ませていただいた身をもって言わせて頂きますが、少なからず原作読む必要性は全く持って感じられませんw

 あえて関連を探すと、対象物から逃げる くらいです。







 後で調べてみると園監督は

リアル鬼ごっこ」というタイトルそのものにインスパイアされ、原作をあえて読まず、前からやりたかったこと、企画が結実しなかった作品のプロットをいくつも導入し、一から脚本を書きました。


 ↑ なるほど。120%納得しました。





 ちなみに原作小説は発行部数200万部を突破

これまでに、2008年に実写映画化され、
2010年に『リアル鬼ごっこ2
2012年に『リアル鬼ごっこ3』『リアル鬼ごっこ4』『リアル鬼ごっこ5』が3部作連続公開。
2013年には連続ドラマ『リアル鬼ごっこTHE ORIGIN』が放送とその人気ぶりが伺えます。






 姿の見えない身体を切断するカマイタチ

 豚の顔をした花婿

 サイコマシンガン女教師
 





 もう付いていくのがやっとです。

 いやこのテンション、なかなか付いていける人は限られていると思うのですが!





 ただ何度も言いますが、私的に最高でした!








 とにかく登場人物が全力疾走します。

 無駄に豪勢な 空撮カット がたくさん入ってきます。 もしかして今話題のドローン撮影ですか?

 そして中盤、真野恵里菜さんの場面でまさかの ちゃんとしたマラソンシーン! が登場。



 あぁ、 あの映画 が思い起こされたのは言うまでもありませんよ。変な感動しましたw





 ちなみに上映が終わり劇場が明るくなり退出時、後ろの男子高校生グループ3.4人、この映画を見ようと誘ったであろうリーダーが、




「選択、ミスったわ」

 とボソリ。







ププッw










 私的に近年稀に見る 傑作ホラー です!

 意外と 人生哲学 入ってきます





 園監督版 リアル鬼ごっこ フツーの映画に飽きた方に超オススメです! かなりパンチありますよ。あぁまた最初から見たくなって来たヨ。









【予告】


【主題歌 / ダイジェスト映像】GLIM SPANKY











関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。