4b62f45f-s.jpg
2012年度作品
30分×4話
総監督・・・新房昭之
監督・・・板村智幸
シリーズ構成・・・東冨耶子、新房昭之
声の出演・・・神谷浩史、堀江由衣、櫻井孝宏、坂本真綾、喜多村英梨、井口裕香


mnekomonogatarikuro22 (800x450)

nekomonogatarikuro23 (800x450)

nekomonogatarikuro10 (800x449)

nekomonogatarikuro21 (800x450)

nekomonogatarikuro20 (800x450)

nekomonogatarikuro19 (800x450)

ねこmnekomonogatarikuro19 (800x450)

nekomonogatarikuro11 (800x449)

nekomonoagatarikuro12 (800x449)

nekomonogatarikuro18 (800x450)

nekomonogatarikuro02 (800x450)

nekomonogatarikuro04 (800x450)

nekomonogatarikuro26 (800x450)

nekomonoagatarikuro13 (800x449)

nekomonogatarikuro16 (800x450)

nekomonogatarikuro14 (800x449)

nekomonogatarikuro03 (800x450)

nekomonogatarikuro15 (800x449)





久しぶりの 「物語」 シリーズレビューです。




 今回は猫物語 (黒)」 です。

 ちなみに 西尾維新 さんの原作本読んでから、アニメ版 2周目 の感想です。








*あらすじ*

 美しき吸血鬼に出逢った春休みの後、空から女の子が降ってくる少し前。

 ゴールデンウィーク最初の日、主人公・阿良々木暦は委員長の羽川翼とともに車に轢かれた、尾のない猫を埋葬する。

 些細でありふれたはずの出来事。しかし、ここから“悪夢の九日間”が幕を開ける。









 要するに羽川翼が 猫化 したキッカケとなったゴールデンウィーク中に起きた事件が描かれます。 

 時間軸としては、「化物語」より前、主人公である阿良々木暦が 吸血鬼化 した後のお話です。





 ここから ネタバレ 注意





 まず第1話、 なんて贅沢なんでしょう

 阿良々木暦 とその妹 月火 の会話劇。




 しかも CM入るまでの放映時間、暦の部屋 のみで展開。



 しかも 会話。




 しかも 話の内容が、恋愛相談 」だ。


 




 高校2年の暦は、クラスメートにズバリ気になる人がいる。

 Hさん 。ズバリ 羽川翼 である。






 うん、 確かに学校の授業で、

 人を好きになる

 という感覚的な授業は受けた覚えがない。 忘れているだけだろうか?





「異性を異性として 好き かどうかって、どうやって決めればいいんだ? つまり相手に対して抱く感情は、どの時点までが普通で、どの時点からが好意になるんだ?」



 その質問に 月火 がこう答える。

「好きかなぁと思って、
好きだなぁって感じて、
好きだってわかる。
そんな感じ。」


暦も返します
「勝手に好きになって、勝手に嫌いになって。
勝手に期待して、勝手に失望して。
勝手に憧れて、勝手に幻滅するくらいなら。
最初から知るべきじゃないんじゃないのか」







 これが高校男子と中学女子の家族間での会話である。

 うぅむ・・・深い






 さて本筋に入るが、タイトルにある と言ったら羽川翼なのですが、第1話まさに彼女のセリフが ありません

 登場しても 目元が隠れていたり と、とてもニクイ演出。





 ちなみに本作 「猫物語(黒) 」 一回目の鑑賞時、

 正直、感想として微妙だった。



 見た 順 番 のせいがあるかもしれない。


 なにせ先に見た 「 猫物語(白) 」 がいろんな面で衝撃的過ぎたからだ。






 しかし である。

 改めて小説版を読み解き、続いてアニメ版見てみると、正直とても面白かった。



 一言では語れない 魅力 がこの本(アニメ)には詰まってる。






 繰り返しになるが本作は 「化物語」 より前の話。


 あの 戦場ヶ原 とも付き合ってもいない、

 口の中にホチキス を入れられていない

 会話 すらしていない状況下で、





 羽川翼が、好き かもしれない
 
  この 妄想 というべきか、 想像 というものか

 自分自身の問いかけから物語が始まっていくのだ。






 それにしてもこの話での暦、吸血鬼と言えども悲惨な目に合いますね。

 片腕 をブラック羽川に持っていかれます・・・。

 物凄い火柱ならぬ、 血柱 が上がります。

 更に 体が真っ二つ になります・・・ ショッキング!

 




 そこからの決めゼリフが相当カッコイイです。


「僕は下着姿の猫耳女子高生に、欲情しているだけなんだよ」

 ↑これだけ聞くと、変態以外何者でもないセリフなのですが、物語を通して辿り着くこの結論、いろんな意味で凄い



 更にここで追記するが、ブラック羽川は常に下着姿
 
 羽川翼自体肌が白いので、否応にも目立つ黒い下着。



 普通アニメで下着姿は、いわゆるサービスショットとして映るが、本作もそう見せておいて、実はそうではない

 なぜその下着なのか、なぜ その色 なのか、その 伏線 が実に上手く張り巡らされています。

 西尾維新さん、ほんと上手くまとめ上げます 。






 冒頭の 恋の雑談 もただの雑談で終わらないところが師匠です。






 最後、暦が羽川に対して言う言葉、決断

 そこから「化物語」に繋がっていくと思うだけで身震いします。






 「猫物語(黒)」 、かなり傑作、おすすめです。








【予告】


【予告幻聴】 ※幻聴w こちらも西尾脚本です


【本編抜粋】忍とミスタードーナッツ
シリアスからのこの展開w


【OP抜粋】※キー下げ アコギが似合い過ぎる羽川さん
「perfect slumbers」/ 羽川翼(堀江由衣)


【op音源フル】Perfect Slumbers


【MAD】 ed音源フル 「消えるdaydream」 河野マリナ


【MAD】セリフあり


【音源】後日談
毎回毎回、曲も素晴らしい物語シリーズ!








関連記事
スポンサーサイト


秘密