上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
wall1280x1024.jpg
2011年度作品
全232ページ
著・・・西尾維新
イラスト・・・碧風羽
キャッチコピー ・・・ 「西尾維新、原点回帰にして新境地の最新作。」 「この本を書くのに10年かかった。」





一つ、西尾維新作品だから

一つ、おどろおどろしい表紙に惹かれた




 この二つが購入動機だ。




 本作 「少女不十分」 は基本、一人称 で展開されていきます。

 しかもこのお話、西尾維新本人による回想劇(風)に語られます。










 *あらすじ*

 女はあくまで、ひとりの少女に過ぎなかった……、妖怪じみているとか、怪物じみているとか、そんな風には思えなかった。



 ↑ あらすじ みっ・・・短っ






 ↓ 一応、こういう話から物語が始まります ↓

 小説家志望の青年が、ある交通事故を目撃します。

 女子小学生二人組がゲームをプレイしながら歩いていると、十トントラックに轢かれ、その肉体は四散

 轢かれたのは一人だけ。もう片方の少女は無傷で生還。泣きじゃくりながら同級生に駆け寄る少女。

 しかし小説家志望の青年は見てしまう ...

 彼女がゲームをきちんとセーブしてから、同級生に駆け寄る姿を!






 こんな感じで、サスペンスで進行していく物語。

 先が気になる、気になる!





 ただ相変わらず ト書き で書けば数行で終わる動向も、西尾氏の手に掛かれば まぁ~ 物語が一向に前に進まない。 勿論いい意味でw







 一人暮らしの大学生が小学生女子の誘拐され、監禁される

 途中、何度も逃げることが できるのに

 あえてその手を選ばない主人公。

 そもそも携帯電話あるのに頑なに 110 しないなんて。





 その理由もわかるような、わからないような





 少女はこの小説の中で U と呼ばています。

 小刀 を持っているにせよ、何度も言うが逃げれる瞬間は山程ある。




 そもそも監禁場所は 押入れ




 U が学校に行っている間、自ら施錠されたドアを上手いこと開け、我慢していた用を足しに出るも、彼女が帰宅する前にまた押入れに戻る展開ありますw




 読んでいる間は少女の異常性に疑問を感じつつも、西尾調で展開されると、その選択肢があたかも 正しい と感じてしまうのが怖いw





 途中から疑問なんて消え、

 ただただ物語に身を任せてしまった。






 不思議な小説 少女不十分 、最近文庫化もされました。おすすめです!












関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。