Ao_Haru_Ride-p1.jpg
2014年度作品
122分 / 日本
監督・・・三木孝浩
出演者・・・本田翼、東出昌大、新川優愛、吉沢亮 、藤本泉、 千葉雄大、小柳友、岩崎名美、松島純菜、松尾薫、ベンガル、岡江久美子
キャッチコピー ・・・ 一生に一度の青春(アオハル)に乗れ。

aoharaido07 (800x535)

aoharaido010 (800x535)

aoharaido116 (800x531)

aoharaido24 (800x530)

aoharaido003 (800x531)

aoharaido06 (800x532)

aoharaido04 (800x530)

aoharaido02 (800x450)

aoharaido01 (800x450)

08 (800x531)

aoharaido05 (800x530)




 見ました
青春 と書いて

アオハル と読んで

タイトル アオハライドなぜそうなる?

調べてみると、「アオハル(青春)+ライド(ride)」=「青春に一生懸命乗っていく」という意味を込めた作者による造語だそうです。ナルホド
監督は「ソラニン」「管制塔」「陽だまりの彼女」」の三木孝浩監督。

私的に ドンピシャ映画 ばかり撮っている監督さんなので、期待値高め。
しかも主演は笑顔が素敵な 本田翼 さん!

以前、広告業界で必死に頑張る姿を描いた「午前3時の無法地帯」で物凄く感動させらた身なので、この時点は更に期待値上昇です。










*あらすじ*

中学1年の時、吉岡双葉は爽やかな好青年の田中洸に淡い恋心を抱く。しかし2人は、洸の突然の転校で離ればなれに。

 高2の春。双葉は中学時代の苦い経験から、周りの女子たちに気に入られることばかりに神経をすり減らし、息苦しい高校生活を送っていた。

そんなある日、双葉は洸と運命の再会を果たす。ところが、明るかった中1の頃とはまるで別人のような洸の言動に混乱してしまう。

 それでも、ふとしたときに隠しきれない洸の優しさを見出し、ほっとするとともに、改めて洸への 想い が募っていく双葉だったが…。


本作は少女コミックが原作。

映画公開時期に丁度アニメ版の放映やっており、こちらも鑑賞済み。

なので、だいたいの展開は知っている状態で見ました。

さて内容レビューの前にこのジャンル

 青春恋愛映画

当たり外れが多いのが事実

好きな作品は登場人物に感情移入し、

泣かされます。

しかし逆に、なんで?

っていうくらい感情移入できず、

むしろ なんでこんな かけひき を見せるんだ!

 どーでもいい、見ていてじれったい

最終的に 「早く終わってくれ」 と早る気持ちになる作品にも出会います。

最近特にこの手のジャンルを見ると圧倒的に後者が多かった為、不安要素もありましたが、この映画は正直 かなり楽しめました。最高でした。







キャラ の描き分けも分かりやすいです。サブキャラがいい味出している。クラスメート皆憎めない。

私的に「仮面ライダーフォーゼ」にて仮面ライダーメテオを演じた吉沢亮さん、非常にいい役所でした。

いわゆるチャラいけど人一倍仲間思いで熱い奴。 臭いセリフ 放ってしまい、毎回必死に自己援護する辺りがツボにハマりましたw

あとこの映画、 片想い率 かなり高いです。

無謀 と分かっていながらも、告白しガッツリられる。

本人たちには申し訳ないけど、 この手のシーン はやっぱ感動してします。

皆、ガンバレっ!

映像面では相変わらず三木監督の強み、キラキラ風景映像、がうっとりするくらい 綺麗 に撮られています。

朝日を5人で見る シーンは、カメラワークもバッチシで鳥肌立ちました!

本田翼さんの走るフォーム、なんか綺麗w

常に走ってます。

他にも見所盛り沢山。







青春は間違える。

間違えてこその、青春だ! と思います

爽やか全快映画 アオハライド とってもオススメな映画です!


【予告】


【メイキング・出演者トーク】


【挿入歌】金木和也『ラッキー』


【MAD】





関連記事
スポンサーサイト


秘密