上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
makugaagaru000.jpg
2015年度作品
119分 / 日本
監督・・・本広克行
脚本・・・喜安浩平
出演者・・・百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏、黒木華、ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎
キャッチコピー → 私たちは、舞台の上でならどこまでも行ける 

makugaagaru07 (650x414)

makugaagaru268 (800x434)

makugaagaru18 (800x450)

makugaagaru06 (800x534)

makugaagaru02 (800x534)

makugaagaru12 (800x429)

makugaagaru12 (800x432)

makugaagaru16 (800x450)

makugaagaru10 (800x532)

makugaagaru20 (800x450)

makugaagaru05 (800x534)

makugaagaru003 (800x534)




 一部 ネタバレ含みます。

 最大限 楽しみたい方はご注意ください。




 アイドル ももいろクローバーZ 主演 (PV見たり、CDレンタルするくらいでした) という事で、興味はあったけど劇場鑑賞は パス していた作品。



・本広監督で夢追いムービー

演劇を舞台にしている。

上記二つの要素に惹かれ、レンタルならという事で、借りてみました!







*あらすじ*

 今年もあっさりと地区予選で敗退した富士ヶ丘高校の演劇部。先輩たちが引退し、2年生の高橋さおりが新部長となったものの、みんなをどう引っ張っていけばいいのか分からず苦悩の日々が続く。

 そんな中、新年度に入り、かつて“学生演劇の女王”と呼ばれた新任の吉岡先生が演劇部を受け持つことに。すると彼女は、“全国大会出場”という高い目標をさおりたちに示す。

 それは、弱小演劇部の部員たちにとって、決して生半可な気持ちで挑めるものではなかったが…。








 はじめ、演劇部の部長も なあなあ で引き受けた不安ばかりの主人公が、 演出家という夢 を見つけるまでを描く物語です。

 最後、 顔付き 全然変わっていますね




 描いているテーマというか、脚本が素晴らしく、中盤以降は 純粋 に楽しめました。





 期限 (タイムリミット)が決まっている 縛り効果 がかなり功を成していますね。

例「ラブライブ」。ちなみに本作も卒業も含め進学か、演劇の道かで揺れていました。縛りは物語を昇華させてくれますね! あと舞台といえば傑作「少女達の羅針盤」も想起。





 秋に開催される予選大会、受験も控えた身で参加を決意

 ちなみにそこで 上位3枠 に入る事ができれば来年の県大会に出場できます。

 演劇は演劇でも 高校演劇 、これを逃すと2度と参加できません。いい縛りだ。





 そこで黒木華さん、演じた若手美術教師の存在。

 彼女、実は一度は 高校演劇のトップ まで上り詰めたすごい人。

 顧問はできないけど、見学 という名目で部活に顔を出すことで承諾してくれます。

 その先生が終盤、一度は断念した舞台女優の道を諦めきれず、書き置きを残し教師を退職、そして彼女達の元を れます。




 ここで、主人公が今後の演劇活動を含め 自分の本心 を涙声になりながらも、ゆっくり時間をかけて部員達に語る場面があります。


 ココ、 けます。


 百田夏菜子さんの演技力も勝ることながら、彼女が喋った内容に涙線がヤラれました。

  ↓ 以下、長ゼリフ 抜粋↓

「私たちは舞台の上でならどこまでも行ける。想像するだけなら無限だよ

でもね、でも私たちはどこにもたどり着けないっていうか

私たちが歩いたぶんだけ、私たちより何倍も何十倍も速く、宇宙とか世界とかも広がってて

どんなに遠くに来たつもりでもそこはやっぱり、どこでもないどこかでしかないんだなって、たどり着けないんだ 宇宙の果てには。

それが不安てことなんだなって私たちのことだなってそう思いました 。

最初はただもう必死で書いたへたくそな台本だったけど、みんなのこととか考えながら書いているうちに

ちゃんとちゃーんと私達のことが詰まってたんだなって

だからここでやめるわけにはいかない

だってそれは 自分自身をやめる ってことだから ・・・ 私は続けます、行こう全国に!」






 私的に小ネタもちょくちょく笑えました。

 国語教師に 志賀廣太郎さん。 声渋すぎw



 更に演劇部顧問のムロツヨシさんが私的に一番美味すぎる役所だなと思いました。画面に映る度に目が行きます。

 見方によっては若干浮いている感も否めないのですが、あの部員達にまともに相手にされない立ち位置、 最高 でしたw





 表向きももくろ映画としてプッシュされてますが、

 中身はちゃんと 青春 しているし、不安やら夢やらもシッカリ描かれています。

 といいつつも、たまに入る 楽曲PV演出 だけは完全アウェーでしたが、それ以外はいい意味でまともに作られています!





 本作は舞台やったことがある人、または目指す人は見るべき、

 いや... 目標とする夢、夢追いかけてる 人なら見て損のないヒューマンドラマだと思います!





 あと、終わり方もとても大好き!



 夢追い映画幕が上がるオススメです。





追伸:この映画見たらいい意味で‘ ももいろクローバーZ ’のイメージが変わります





【予告】


【主題歌「青春賦」】


【MAD】














関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。