上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
ufogakuinn.jpg
2015年度作品
125分 / 日本
監督・・・今掛勇
脚本・・・「UFO学園の秘密」シナリオプロジェクト
出演・・・ 逢坂良太、瀬戸麻沙美、柿原徹也、金元寿子、羽多野渉、仲野裕、千菅春香、藤原貴弘、白熊寛嗣、二又一成、伊藤美紀、銀河万丈、浪川大輔
キャッチコピー → この地球(ほし)は、宇宙に必要か?

ufogakuinn12 (800x533)

ufogakuin13 (800x432)

ufogakuinn07 (800x533)

ufogakuinn03 (800x433)

ufogakuinn11 (800x430)

ufogakuinn011 (800x450)

ufogakuin14 (800x432)

ufogakuinn06 (800x450)

ufogakuin012 (800x429)

ufogakuinn09 (800x500)

ufogakuinn10 (800x423)



 少し前になりますが、劇場にてアニメ映画 「UFO学園の秘密」見てきました。


 本作 幸福の科学 という宗教団体(1986年設立)が出資している、映画です。





 初めに言っておきますが、信者じゃありません。





 私的に 宇宙人、UFO、アグダプティブ、オカルト、幽霊、超能力、化け物、ドラゴン そういった話(ネタ)が大好きなんです。

 とにかく 不思議、摩訶不思議 なものが大好物なんです。なのでこの作品に興味を持ったという訳です。






*あらすじ*

 男女共学の全寮制学校、ナスカ学園。高校2年のレイ、アンナ、タイラ、ハル、エイスケの5人組は、ある場所に行った生徒たちが急に頭が良くなるという不思議な噂を耳にする。

 やがて、それは宇宙人にアブダクションされ、脳に特殊なチップを埋め込まれたためと判明する。

 宇宙人の存在を広く人々に知らせ、警鐘を鳴らそうとするレイたちだったが…。







 内容に入る前に、劇場の上映待ちのひと時、

 高齢のお客さんが大量にいてカオスでした。正直完全アウェイでしたw

 この映画、高校生が主人公のSFファンタジー映画ですよ! しかも実写ではなくアニメ作品!



 



 さて率直に感想としては、 かなり楽しめ ました。

 とある セリフの除き、楽しませていただきました。




 その異変とも捉えられるそのシーンは 終盤 に登場します。

 世界には数多くの世界がある 話や、

 自己の存在意義 の話、

 夢を叶えるには今、何をやらなくてはならないのか という話。

 この辺りは若者をターゲットとした所謂 青春映画 で描かれても全然違和感のない、むしろ興味部深いくらいです。

 特に 将来の夢 の話に絞って言ってしまえば 並みな青春映画よりメッセージ性が感じられる! ってくらい濃厚に描かれていました。




 そして本編後半、高校生達は地球を後にし、

 別の惑星間で様々な体験を得て後、突然 、地球に崩壊の危機が迫っている という話を聞かされます。





 ここで主人公、何を 血迷った のかこう発言します。

「僕は地球の為にこの命を捧げてもいい、・・・むしろ光栄に思う」

 ドヤ顔で言い切った場面は、ヒャッとしました。 アカンやつや




 というかなぜそういう流れになったってです。

 突然、見ず知らずの通りすがりの人に 腹を殴られた そんな驚きですよ。 ← どんなシチュエーションだw


 ただそれ以外はまともに作られています。

 ツッコミどころ(あなたメーテルですよね?ってキャラが登場等)があるにはありますが、オカルト系が好きなら引き込まれる話がたくさん出てきて、全然飽きません。


 

 そして何より

 何気に生活していた平凡な若者達が、とある不可解な陰謀に気づき、味方を集めて悪と立ち向かう姿です

 ちなみに チーム名:フューチャー と名づけられます。

 この辺りのクダリは何度も繰り返し描かれた使い古されたネタなのですが、見ていて かった です!

 




 ちなみに本作 VFX の表現がかなり凝っていました。

 空を覆いつくすUFOや乗り物の リアルな動線、浮遊感、立体感 がかなり精密に描かれており、

 劇場の大スクリーンで見たのもあり、 「おおっ!」 となりましたね。

 




 なんやかんやでいろいろ問題定義してくれて楽しめた 「UFO学園の秘密」

 嫌いじゃないです、むしろB級作品好きにかなりオススメできます。





 ちなみに副題に パート0 と記載があるのですが、続編あるのでしょうか?あったら見に行きます!

 あとこの手の映画に高確率で起きる謎の現象、クオリティの高い 挿入歌 も必見ならぬ必聴です。

 信者になる気は毛頭にありませんが、なんやかんやで知的好奇心を刺激してくれる幸福の科学映画。来年は「ファイナル・ジャッジメント」以来の実写映画を公開するらしく、劇場に足を運びそうな予感しかしないですねw








【予告】


【予告2】


【英語版予告】


【UFO学園の秘密 × 文化放送「宇宙時代がやってきた!」 メッセージ編】



【本編抜粋】ベガ星登場編
※日本映画にしては拘りまくったCG描写


【本編抜粋】タイラのアブダクションシーン編


【劇中挿入歌】 LOST LOVE - 「もう 愛が見えない」
※「ファイナル・ジャッジメント」でも思いましたが、挿入歌の完成度が高い







関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。