上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
kizumonogatarisixyousetu.jpg

2008年度作品
全372ページ
著・・・西尾維新
表紙・・・VOFAN


  傷物語

 読破 しました。

 アニメではなく小説版です。






羽川やばい

羽川やばい

羽川翼がやばい。







 重要だから 3回 言いました。







 なぜそこまで 阿良々木暦 (以下、暦表記)の為にそこまで身体を張る?

 聖女 か?

 というくらい実に献身的で、もう言ってしまえば正直 怖いくらい に。







 さてこの傷物語とはどんな話なのか?






*あらすじ*

 全ての<物語>はここから始まる――。

 春休みの夜。高校生の少年・阿良々木暦は、死に瀕した吸血鬼を衝動的に助けてしまう。

 その結果自分が、人間をやめる ことになるとは知らずに……。








 ここで描かれる物語は 暦がどういう経緯で吸血鬼になったのか です。

 いわゆる、ゼロビギンズ物語の核 的な 物語シリーズの前日 のお話です。





 原作本としては2番目に古い作品だそうで、2012年に映画公開発表があったそうなのですが、諸事情により延期となり、前日談をすっぽかし、他の物語シリーズが続々と作られていった経緯があったそうです。




 そしてこの度 2016年 三部作でついに放映ならぬ、劇場公開が決定されたのです!

 ホント、待っていましたよ。

 物語シリーズは 全てアニメ見てから小説を見る ことに徹していましたが本作は我慢できず、小説版を読んでしまいました。

 映画館でこの物語を一年に渡り、楽しめることが何より楽しみです。






 さてこのシリーズ自体、怪異に絞られた話がメインで進行していくので、忘れがちですがそもそもの話、暦は 人間ではありません




 いわゆる吸血鬼であり、またの名を ヴァンパイヤ と呼ぶ。




・普通ヴァンパイヤといえば、夜しか活動できない
→ 日中普通に外で自転車を漕いでる

・定期的に血を吸う必要がある
→ そんなシーン見たことない。逆に忍に吸わせている




 他にも吸血鬼の定型が、全く当てはまらないことが散見されます。

 その謎が本作で完全に かされる訳なのです。





 読破し、いろいろなところで納得ができました。

 忍野忍、本名キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードに出会い、眷属にさせられる前の暦。

 ちょっと変態なところもあるのだけど、根は真っ直ぐ過ぎる優しい男子学生。





 ネタバレとなるので、発言は控えますが、

 思った以上に 切ない話 です。




 暦✖️忍

 暦✖️羽川翼

 暦✖️忍野メメ






 どれもシリーズを通し見てきた掛け合いなのですが、初めて出逢うという意味で、とても新鮮に感じました。





 そして本作では後半に 3人の強者 とタイマンする展開があります。

 舞台は暦が通っている 学校のグラウンド です。




 吸血鬼になったばかりの身で、初めて争いの場に強制的に出される緊迫した場面。

 それも全て の言葉

「人間に戻れるかもしれない」 を信じ、戦う。

 羽川翼の為に、戦う姿。






 はっきりいって、めちゃくちゃ面白かったです!






 小説版傷物語、おすすめです!









【予告】※小説ではなく映画の予告です








関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。