cqz4f3nukaewmjg_jpg-large.jpg
2016年度作品
64分 / アニメ / 日本
総監督・・・新房昭之
監督・・・尾石達也
声の出演者・・・ 神谷浩史、坂本真綾、堀江由衣、櫻井孝宏
キャッチコピー ⇒ ようこそ、夜の世界へ―― 

kizumonogatari14 (800x450)

kizumonogatari (800x450)

kizumonogatari02 (800x450)

kizumonogatari01 (800x450)

kizumonogatari04 (800x450)


kizumonogatari03 (800x450)

kizumonogatari05 (800x450)

kizumonogatari12 (800x450)

kizumonogatari07 (800x448)

kizumonogatari09 (800x448)

kizumonogatari10 (800x450)

kizumonogatari11 (800x449)



 2016年度私的に 一番期待している映画こと 傷物語 三部作の1作目I 鉄血篇〉劇場にて鑑賞しました。




 ハッキリ言って、見たかったもの 以上 完成度 でした。

 見ながら、西尾維新やばい、心房総監督ヤバイ、シャフト気合い入りすぎ!
 
 と常に感じられる至福60分でした。





 そう!

 この映画は60と通常の映画と比べ短いですが、濃さは120分以上です。

  劇場版として、とても実験的な映像演出の数々。

 むしろ ガラっ と雰囲気変えすぎて、別物か!ってくらいです。

 冒頭、ジョン・カーペンター映画のあのベンベン音楽からノンストップで 物語ワールド に入ることができましたね。






 まずデジタル処理された背景の完成度が凄いのなんの!

 見惚れてしまいました。特に地下鉄の場面がヤバイ。

 地面に点々と続く血痕を恐る恐る辿るシーンは、主人公の暦の緊張感と感情が見事に一体化しましたね!

 実写と見間違えてしまうくらい、リアルな質感にドキドキです。




 
 効果音 もアニメシリーズから引き続き、沢山盛り込まれています。

 一番印象に残ったのは幼少期のキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの頭をクシャクシャに撫でた時に出る音。あのおもちゃ、名前忘れてしまいましたが、あの玩具の音ですよね?懐かしい


 他にもヒロイン羽川翼がピョンピョン飛ぶ時に入る音など、テレビアニメ版の2.3倍は増音されていますね。

 音にプラスして面白いなと思ったのは、エロ本を買いに書店に猛ダッシュする暦が、蒸気機関車背景(音も)とともに線路を全力疾走する場面は映像的、演出的に見て面白いなと感じました。




 今まで公開してきたテレビアニメ版は全話見ていますが、この劇場版ならではの相当力の入った斬新な演出がこれでもかと出てきます。
  あまり比較したくないのですが、「デジモン」劇場版もこれくらいやって欲しいですよ・・・。





*あらすじ*

 春休みの3月25日。私立直江津高校の2年生・阿良々木暦は、学校一の優等生・羽川翼と知り合い、彼女から“金髪の吸血鬼”の噂を聞く。

 その夜、暦は噂の吸血鬼と遭遇してしまう。彼女の名はキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。“怪異の王”と呼ばれる伝説の吸血鬼だ。だが暦が目にしたのは、そんなキスショットが四肢を切断され、血だらけで無惨に横たわっている姿だった。

 驚愕する暦に向かって“儂を助けさせてやる。だから、血を寄こせ”と語るキスショット。恐れおののき、逃げ出そうとする暦だったが…。







 さて本作は物語シリーズ。

 物語 といえばもう見どころ満載なわけでありますが、 詳しくはコチラ

 かなりの話数があり、時間軸もけっこう前後したりと初めて見る人にとっては正直「???」となりかねない複雑なお話です。

 ところがどっこい この劇場版本作はこのシリーズ一番最初の出来事、むしろここから物語シリーズが始まる ビギンズ的存在 、もう一つ言えば、すべての発端となる事件を映画 描いた作品です。





 現在に至っては主人公暦は多くの ヒロイン達 に出会っていますが、この時は友達0人

 「友達を作ると、人間強度が下がるから」 というアウトロー体質でとても初々しい暦が見られます。

 シリーズ見てきた者としては、成長したんだなぁ とすら伝わってきました。あと服装も今と違うので、少し違和感を感じました。 




 アニメシリーズから大きく変わったというのが、独白Na


 テレビアニメ版はもっぱら暦、または別の人物からの目線で展開される作品ですが、

 なんと今回独白(モノローグ)が全く入りません。

 なので淡々と物語が展開していきます。






 登場人物もメインとなる人物たった4人だけ。

 初見の方には、持ってこいな作品です!!!


 



 そんなわけでアニメ映画傷物語〈I 鉄血篇〉」 超オススメです。

 ちなみにレーティングありませんが、ヴァンパイヤものということでがかなりの量出ますので、苦手な方はお気を付けを!




 ちなみにクレジットが全て流れ終わり、次回作2作目の予告編が流れます。シャフト製作だけに音声だけの予告編があろうことか流れますw。夏公開。楽しみ以外何物でもありませんわ!








【予告1】


【予告2】


【Blu-ray&DVD発売告知CM 】













関連記事
スポンサーサイト


秘密