ぼくらの七日間戦争01

1988年度作品
94分 / 日本
監督・・・菅原比呂志
出演・・・ 宮沢りえ、五十嵐美穂、安孫子里香、工藤正貴、菊池健一郎、鍋島利匡、田中基、大沢健、金浜政武、石川英明、中野愼、三宅裕司、大地康雄、浅茅陽子、室田日出男、倉田保昭、佐野史郎

ぼくらの七日間戦争04 (800x435)

ぼくらの七日間戦争03 (800x435)

ぼくらの七日間戦争12 (800x448)

ぼくらの七日間戦争10 (800x419)

ぼくらの七日間戦争13 (800x600)

ぼくらの七日間戦争02 (800x449)

ぼくらの七日間戦争08 (800x450)

ぼくらの七日間戦争05 (800x440)

ぼくらの七日間戦争07 (800x417)

ぼくらの七日間戦争11 (800x408)






 以前から見たかった一本ぼくらの七日間戦争

 監督は北海道出身の菅原比呂志監督。






*あらすじ*

 厳しい規律が敷かれた青葉中学で、11人の少年少女が自由を求めて立ち上がった。

 食料を持ち寄り廃工場に立てこもった彼らを、教師たちはあくまで校則のもとに解散させようとする。

 生徒たちは様々な手段で教師らを撃退していくが……。







 純粋に見ていて 面白かったです!

 老若男女にオススメできます。



 初めは男子8人、その後女子3人追加され最終的には計11人になります。

 大人に隠れて好き放題やるぞ!

 っていうこのスリルとワクワク冒険感、最高です。
 
 皆、生き生きしている表情の覗かせます!

 見ていて ほっこり しました。




 特に...

 パーティの開始前に宣言する場面

 戦車に乗り、皆で歓喜する場面


 とても感動しました。





 仲間の同志のケンカ

 迫力あって驚いた。

 長回しならではのリアルで泥臭い取っ組み合いシーンに固唾を吞みました。





 大人や警察を倒す場面

 子供たちの大人顔負けの団結力、ハンパない!

 「ホーム・アローン」 みたいに何度もかんでも やりたい放題 のドタバタ展開が見れます。



 

 時代背景的に興味深いシーンも多々ありました。

 先生が生徒の頬を平気で叩いたり、回し蹴りしたりしますw

 いわゆる 体罰 、今では考えられないですね。



 先生が無感情で 「オン・ザ・マユゲ!」 と言って
 女子の前髪をパチンと切る場面、笑ったw



 子供の親が学校に押し寄せて、学校側を責め立てるも、

 「あなた達の育て方が悪いんじゃないですか?」 と反発。

 時代を感じる。絶対今こんな発言できる人いないぞー





 終盤に打ち上げられる花火

 物凄い数、上がります。

 その花火を 11人並んで見つめる場面 。

 見ているこっちも涙線に ジワジワ 来た。

 この映画の中でしか体験できない感動ですね♪





 ちなみに原作「ぼくらの」シリーズはかなりの数シリーズ化されているそうです。

 なお劇中に登場する戦車は原作には登場しないらしい・・・。マジか

 私的にとても いい追加要素 でした。






 夢を見させてくれる映画、やっぱ最高だ!

 映像は古いものの、物語的に今見ても古臭さをまったく感じさせないパワーを感じました。





 「ぼくらの七日間戦争 とてもおすすめです。








予告編




関連記事
スポンサーサイト


秘密