上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
悲鳴伝

悲鳴伝02

2012年度作品
528ページ
著者・・・西尾維新
出版社・・・講談社




 読破しました、西尾維新史上、最長巨編――悲鳴伝





 ページボリューム、半端ないっス。

 軽く辞典かっ! てくらいぶ厚く、なかなか鞄に入れるとかさ張りまくりです。

 読み終えるのに約一週間くらいかかりましたが、長い割にサクサク読めて、しかもとても読み応えがある一冊でした。 伏線を回収もほんと見事です。







*あらすじ*
 
 彼の名は空々空。どこにでもいない十三歳の少年

 風変わりな少女、剣藤犬个が現れたとき、日常かもしれなかった彼の何かは終わりを告げた。

 ひどく壮大で、途轍もなく荒唐無稽で、しかし意外とよく聞く物語は、そんな終わりを合図に幕を開ける。

 人類を救うため巨悪に立ち向かう英雄は、果たして死ぬまで戦うことができるのか!?








 主人公は空々空(そらからくう)。小学生。

 何事にも動じない、生まれ持った素質をアリ。





 ある日、家族、友達、更に彼と関わりがある 全ての知り合い が殺されます。

 アッサリ、その状況を受け入れる空々空。




 「あなたは、ヒーローなるのです!」地球撲滅軍メンバーから一方的に言われ、全く反発するそぶり見せずに彼らの手堅いサポートを受けながら、と戦います。




 ちなみにこのと、いうのは地球です。

 あの地球です。あの青い惑星、地球です!!




 人類 vs 地球




 半年前、突如地球より発せられた大いなる悲鳴)により、

 全世界の人口が3分の1を奪われます。




 憎き地球から人類存続の為、空々空がヒーロー活動を余儀なくされます。

 ただ、もちろんそれは表向き。彼は性格上、自分が生きやすい生活を確保する為だけに彼らに協力する。



 この「悲鳴伝」では主に 怪人倒し内部メンバーとの戦い が描かれます。

 この辺りのテイストは私的に大好きな「GANTZ」を想起させられ、設定は「エヴァンゲリオン」、もう間違いない大好きな世界観なんですよね。面白くないはずがないです。







 それにしても主人公の空々空くん。

 まずまず 感情移入 しずらいんですよね。

 なにせ、物事全て、動じないから





 喜怒哀楽が欠落し、淡々と彼の語り口で物事が展開。

 見せ場という見せ場がそんな感じだから、正直味気ない

 ただ、そこに新鮮(正攻法で話が進まない)も感じられ、楽しく読むこともできるのも事実。




 基本、そんな感じで無感情なんですが時々、彼に共感してしまう場面も何度かありました。そこは是非ご自身の目で見てください。

 そして感情がないからこその、逆転劇に何度もハッとさせられました。

 と、いうか いちいち 小ネタ が興味深いんです。

 えっ!?それ、どういうことなの?

 という連続でページを読む手が止まらないこと必須。





 登場する人物 も濃いです!

 奇抜過ぎる名前 のキャラがわんさか登場します

 火達磨(ひだるま)、恋愛相談、茶飲み話。蒟蒻(こんにゃく) etc ・・・







 今回、武器や防具も登場。

 グロテスクスーツ ←透明化機能を持ちます。

 一人で着ることができず、制限時間があります。 あ~いいわ その設定






 少年バトル漫画 展開も熱い!

 勿論、主人公は叫んだり、怒ったり、悲しんだり一切しませんがw






 戦闘で思い出したのですが 「十二大戦」でも、感じたこと。

 魅力的なキャラを投入し、更に物語が面白くなりそう!

 と良いところで、します。




 あ~~~ っ勿体ない




 それも敵味方関係なく、アッサリ死んでいきます。

 主人公が驚かない分、読者を何度も何度も驚かせてくれます。






 本作のヒロイン ポジションを制するのは・・・

 空々空の世話をする風変わりな少女、剣藤犬个(けんどうけんか)。剣藤は剣道部で剣道着を着ています。 ←謎々みたいw


 女子高生にして、空々空の家族を殺した張本人


 主人公があんな性格なんで、出番が多い剣藤さんに私的感情移入してしまいました。





 剣藤の武器は軍から支給された 破壊丸  名前カッケー、ちなみに大太刀です

 バッテリー駆動であり、持っているだけで全自動で対象を斬ってくれる優れもの。ちなみに主人公の両親、弟を肉片にしたのも、これです。

 この他、鎧の役目を果たす剣道着も支給されています。 





 そんな 普通なら恨んでも恨みきれない彼女 と共に生活する空々空。





 彼女は破壊丸を使う当日、胃の中のものを全て吐き出す。そして事後の夜は絶望何時間も何時間も泣き叫ぶ。

 その過程が緻密に描写されるので、この場面涙線来ましたね。






 さて最後になりますが本作、一般的に 伝説シリーズ と呼ばれており、現在7巻まで発売、以後続刊とのこと。

 そして漫画化も展開中、こちらも楽しみです。



 あと「化物語」の忍野忍に似た幼女、左在存(ひだり ざいぞん)が登場。しかも両手を首輪のような物で後ろで縛られ拘束状態。

 空々空のみ彼女が人間に見え、他の人達にはに見えるという不思議な状況で出会います。 この二人の場面好きでした





 西尾維新著悲鳴伝 おすすめです!












関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。