ソウ3 DTSエディション [DVD]ソウ3 DTSエディション [DVD]
(2007/03/16)
トビン・ベルショウニー・スミス

商品詳細を見る

SAW III
2006年度作品
108分 / アメリカ / R-15
cast・・・トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファーデン、バハー・スーメク、ディナ・メイヤー、J・ラローズ、デブラ・リン・マッケイブ、バリー・フラットマン、エムポー・クワホー、リリク・ベント、キム・ロバーツ、コスタス・マンディロア、ベッツィ・ラッセル、アラン・ヴァン・スプラング、ドニー・ウォールバーグ
監督・・・ダーレン・リン・バウズマン


 遅々ながら人気シリーズ(!?)の3作目を鑑賞しました。


 「1」は初め見たときはその斬新なトリックとその恐ろしいシチュエーションに驚き圧倒されました。続く2作目は監督交代が原因なのか映画的面白さよりもグロテスクが前面に押されてただただ不快な映画としか記憶に残りませんでした。そのせいでこのシリーズは手に取らないようにしていました。


 しかし、年々新作が発表される可笑しな現実。売れるから続編の製作が始まる。ということは何か俺が見落としたものがあるのではないかと疑問に思い軽い気持ちで見ようと再び箱を開けてみました。


 監督は二作目と同じ人。


 初っ端からグロ映像を「これでもか!」と「これでもか!!」とたたみ仕掛ける尋常でない強引な見せ方。耐性のない方が見ると見始め5分でサヨナラ行きですよ。


 またこれが映像が生々しいのです。作り物だと思えないくらい完成度が高い特殊メイクなので見ている側の五感をビリビリ刺激してきます。不快極まりないですよ。エグさで言うと今まで見てきたどんな映画よりもグロテスク描写がきつかったですね。


 このままグロだけの映画で終わってくれればそれはそれで踏ん切りがついたのですが、残念なことに演出がこれまた上出来なんですよ。


 過去のシリーズを上手く再構成してまた新たな物語として成しているのです。その見せ方も斬新。スタイリッシュな映像とちゃんと的を獲た編集とピッタリはまる音楽が見事な合わせ技となり素晴しい回想トリックシーンを堪能することが出来ますよ。これがあるからこのシリーズは長く生きながらえているのだと遅々ながら認識しました。


 今回は幼い息子をひき逃げされた男が主役。法廷で証言しなかった息子の第一目撃者、罪を軽くした審判。そして当の犯人がギグゾウから御馴染みの人体破壊器具を用いられ主人公の目前で死期迫まっていきます。それを「赦し」をテーマに展開していきます。そこが考えさせられる内容になっておりました。


 ただ、グロイ場面をどうにか出来ないのでしょうか?生理的に厳しい場面が多々見受けられます。この内容ならTVのゴールデンタイムは完全にOUTですね。本作はR-15指定ですが甘すぎますよ。決してオススメはできません。





予告編「ソウ3」

関連記事
スポンサーサイト


秘密