上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
akunohanamannga001.jpg

akunohanamannga10.jpg

2009~2014年度作品
全11巻
著者・・・押見修造
出品者・・・講談社

akunohanamannga07 (800x372)

akunohanamannga03 (800x585)

akunohanamannga11 (795x600)

akunohanamannga003] (403x600)

akunohanamannga005 (382x600)

akunohanamannga008 (405x600)

akunohanamannga (781x600)

akunohanamannga17 (689x600)

akunohana025 (800x588)

akunohanamannga0006 (647x600)

akunohanamannga06 (800x595)

akunohanamannga01 (559x600)

akunohanamannga08 (798x600)

akunohanamannga13 (800x564)




 アニメ見てから漫画見ました。




  良かーー!




 以前何気に見て鑑賞したロトスコープアニメ版で一気に 奪われ、その後も描かれるという事で、躊躇なしで全巻原作漫画を揃えてしまいました。 ※中古ですが




※あらすじ

中学編
 クラスの美少女・佐伯奈々子に密かに想いを寄せる春日高男。ある日の放課後、出来心により彼女の体操着を盗んでしまうが、その様子は嫌われ者の女子・仲村佐和に目撃されていた。
 窮地に陥り、仲村からの無茶な要求に翻弄される中、意外なきっかけから佐伯と付き合うことになり、春日は恋心と背徳の自己矛盾に苛まれる。そんな彼に呼応するかの如く、佐伯も内に秘めた意思を徐々に示すようになる。
 現実社会の閉塞感に自己認識を見出せず、遣る瀬無い自我を抱える3人の中学生のアイデンティティは互いに交錯し、儚い逸脱へと向かっていく。


高校編
 中学校編から3年後、春日高男は中学時代を過ごした群馬県から引っ越し、埼玉県で高校生活を送っていた。ある騒動以降仲村と離れ離れになりながらも春日は仲村への思いを捨て切れず、そして抜け殻のように毎日を過ごしていた。
 そんな春日はあるきっかけから男子の憧れの的である常磐文と交流を深め、常磐の中に仲村の影を感じていく。





 いいねぇ~

 何処がいいかと問われると、感情のほとばしり?

 読んでいて 感情 が刺激される。

 主人公、高男に全て感情移入は出来るってわけではないんだけど、よいしょよいしょで行動に説得力があり、引き込まれてしまう場面が多々ある。



 例えば根っこ精神として、

 生まれた地で無難に生きること に絶望を感じ、何か自分にしかできないことをやってやりたい という気持ち

 だけど、実際 何も出来ない自分自身 に腹が立ち

 イライラする。
 モヤモヤする。

 そんな感情がこの本には たんまり と詰まっています。




 中学生編に関してはアニメ版の こちら の感想をお読みください。






 ネタバレ してますお気を付けください






 アニメ版以降の話に限ってレビューすると、

 あの後更に大きな一悶着があります。

 二人で町内会の祭りの御輿壇上にて灯油を被り 公衆の面前で自殺 を図ります。

 こちらは最終的に未遂に終わりますが、この行為がキッカケで双方の親公認、完全に離れ離れされ、新しい街での新生活が始まります。



 ここから時間が飛び、高男は中学生から高校生に。



 両親との関係も醒め切り、もやもやが腐り根付く中、常磐文さんという小説家を目指すの子に出会います。

 彼女は友達が多く、バイト先の1コ上の先輩と付き合っている。



 一見、の人間かと思いきや、根本に深い心の闇を抱えており、その部分が共有でき、そして2人は付き合うこととなります。



 なんかこの場面、以前の中学生編の奈々子との関係を彷彿させつつも、成長した高男の姿が見られるので親心のように見てしまうこと必須。素直に感動しました。

 とにかく応援したくなる2人です。ガンバレー!

 この常磐との出逢いにより、高男の 未来 が大きく変わります。




 そして最終巻、11巻へ。

 あの問題児佐和の居場所が判明、常磐(彼女)を連れて、はじまりの街で 再会 を果たします。

 そこでのシーンはメッチャくちゃ良かったです。読んでいて、ザワーっと実際に鳥肌立ちました!



 あぁ・・・ 「惡の華」、凄いよこの漫画!

 なかなか日常で味わえない感情をありがとう!

 著者の押見修造さんにファンになりましたよ、他の作品も漁りたいと思います。




 個人的に永久保存版になりました惡の華 、最高ですよ!













関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。