上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
aizu.jpg
2015年度作品
95分 / 日本

監督:福田陽平
脚本: 田中佑和、久保幸湖、福田陽平
出演:伊藤万理華、おぞねせいこ、山田太一、中川慶二、遠藤康、山田朱莉、西洋亮、高橋健一、今野浩喜、小林愛奈、優恵
キャッチコピー : 見てはいけない、この恐怖。

aizu01 (800x450)

aizu04 (800x450)

aizu03 (800x450)

aizu06 (800x449)

aizu02 (800x446)





 まさかの 泣ける ホラー映画。切ないです。






*あらすじ*
 
 家族とともにマンションに暮らす平凡な女子高生、山本由佳里。

 ある日、玄関の表札に何者かによって「F」の文字が書かれているのに気づく。これを境に、彼女の周りで不可解な事件が次々と起こり始めるが…。






 少し見たところでデジャブ感が。

 ハイ、そうです。以前見たことある作品。

 「やっちまったなー」 と思いきやそのまま鑑賞。






 全編に渡り、とにかく 暗い です。

 薄気味悪い 色 味 がなかなか雰囲気が醸し出します。





 序盤から 表札 がピックアップされます。

 訪問販売のマーキングという謎の提示。

 この部分はミステリータッチで謎解き要素も含まれているので楽しめました。





 劇中、ほとんど 音楽 が流れません。
 
 効果音的な 不協和音 がここぞというタイミングで奏でます。





 役者の演技、主役をはじめ ボソボソ 喋ります。

 聞きずらいのは最初だけで、中盤辺りから狂気的な感じもプラスされ引き込まれます。

 特に少年役の子役が 自然かつ狂気的な演技 に驚きました。






 自分自身でも驚いたのが最後の オチ の部分。

 ここではあえて記載しませんが、役者の演技と演出の巧みな相乗効果で泣いてしまいました。

 しかもボロボロと。

 ホラーで泣くなんて、もしかしたら 人生初 かも。






 間違いなく、 名作 です!

 私的に大好きな作品となりました。






 おすすめホラー 聞かれたらしばらくは本作で決まりですね。








【予告】





関連記事
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。