上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
sui-tosaidopu-ru.jpg

2013年度作品
103分 / 日本
監督・・・松居大悟
出演・・・ 須賀健太、刈谷友衣子、落合モトキ、荒井萌、太賀、井之脇海、池田菜都美、河原美結、難波美沙貴、日向みお、木下隆行、谷村美月、利重剛、 松田翔太
キャッチコピー ・・・ わたしの毛を…剃ってくれない? 

sui-tosaidopu-ru04 (800x586)

sui-tosaidopu-ru06 (800x532)

sui-tosaidopu-ru05 (800x531)

sui-tosaidopu-ru02 (800x533)

sui-tosaidopu-ru07 (800x533)

sui-tosaidopu-ru03 (800x586)



 見ましたよ、邦画スイートプールサイド

 原作は今年一番衝撃を受けましたロトスコープ作品「惡の華」の押見修造さん。





*あらすじ*

 水泳部に所属する高校1年生の太田年彦には、誰にも言えない大きな 悩み があった。

 それは、いまだに毛が生えていない こと。一方、同じ水泳部の後藤綾子の悩みは毛深い こと。ある日、太田はひょんなことから綾子の悩み相談を受け、挙げ句にとんでもないお願いをされてしまう。

 なんと、自分では上手く剃れない毛を太田に剃ってほしいというのだ。放課後、太田は2人で川沿いの高架下に向い、そこで綾子のムダ毛を剃る。剃りながら激しく動揺し、妄想が膨らみまくる太田。

 一方、毛を剃ったことで自信がつき、水泳でも成績がみるみる向上していく綾子。こうして橋の下での禁断の密会を重ねる太田と綾子だったが…。







 毛がまだ生えてこないツルツル男子が

 毛がボーボーな女子の毛を剃る話。





 同じ毛は毛でも、

 生えない 生え過ぎて 困る 悩みと悩み





 問題の毛を剃る場面。

 音楽なし で剃る時に聞こえる効果音が見事に際立つ際立つ

 そして主人公の妄想シーンには笑った。森で大木の枝を専用枝切りで切ってますーw







 須賀健太さん演じる主人公は剃った毛を持ち帰って筆箱に綺麗にしまい込みコレクションにしますw ←えっ

 更に毛を自分の腕に擦り付ける ← うわっ

 挙句の果てに毛を食う ←オイー





 さて監督は「アフロ田中」の松居大悟監督。

 毛を剃るシーン拘りはもちろんの事、

 コメディタッチの軽快テンポ、そして後半のシリアス展開共に凄く見やすかったです!

 いい意味でエロさも中和され、とても見やすくなっております。





 原作漫画は未見ですが、終盤のシリアス展開は「惡の華」そのものの暴走が見れます。この辺で一気に感情持っていかれましたね。

 特に夜のプールであそこの毛を 剃る、剃らない の白熱トークバトル、二人の演技合戦には息を呑みました!いや凄い迫力ですよ、ココ。






 私的に、若者青春ドラマの中で上位にランクインしましたね。

 大好きな一本






 惜しむべきはヒロイン演じた刈谷友衣子さんがこの作品を期に芸能活動を休止したこと。

 
 



 おすすめ スイートプールサイド

 







【予告】








ぼくらの七日間戦争01

1988年度作品
94分 / 日本
監督・・・菅原比呂志
出演・・・ 宮沢りえ、五十嵐美穂、安孫子里香、工藤正貴、菊池健一郎、鍋島利匡、田中基、大沢健、金浜政武、石川英明、中野愼、三宅裕司、大地康雄、浅茅陽子、室田日出男、倉田保昭、佐野史郎

ぼくらの七日間戦争04 (800x435)

ぼくらの七日間戦争03 (800x435)

ぼくらの七日間戦争12 (800x448)

ぼくらの七日間戦争10 (800x419)

ぼくらの七日間戦争13 (800x600)

ぼくらの七日間戦争02 (800x449)

ぼくらの七日間戦争08 (800x450)

ぼくらの七日間戦争05 (800x440)

ぼくらの七日間戦争07 (800x417)

ぼくらの七日間戦争11 (800x408)






 以前から見たかった一本ぼくらの七日間戦争

 監督は北海道出身の菅原比呂志監督。






*あらすじ*

 厳しい規律が敷かれた青葉中学で、11人の少年少女が自由を求めて立ち上がった。

 食料を持ち寄り廃工場に立てこもった彼らを、教師たちはあくまで校則のもとに解散させようとする。

 生徒たちは様々な手段で教師らを撃退していくが……。







 純粋に見ていて 面白かったです!

 老若男女にオススメできます。



 初めは男子8人、その後女子3人追加され最終的には計11人になります。

 大人に隠れて好き放題やるぞ!

 っていうこのスリルとワクワク冒険感、最高です。
 
 皆、生き生きしている表情の覗かせます!

 見ていて ほっこり しました。




 特に...

 パーティの開始前に宣言する場面

 戦車に乗り、皆で歓喜する場面


 とても感動しました。





 仲間の同志のケンカ

 迫力あって驚いた。

 長回しならではのリアルで泥臭い取っ組み合いシーンに固唾を吞みました。





 大人や警察を倒す場面

 子供たちの大人顔負けの団結力、ハンパない!

 「ホーム・アローン」 みたいに何度もかんでも やりたい放題 のドタバタ展開が見れます。



 

 時代背景的に興味深いシーンも多々ありました。

 先生が生徒の頬を平気で叩いたり、回し蹴りしたりしますw

 いわゆる 体罰 、今では考えられないですね。



 先生が無感情で 「オン・ザ・マユゲ!」 と言って
 女子の前髪をパチンと切る場面、笑ったw



 子供の親が学校に押し寄せて、学校側を責め立てるも、

 「あなた達の育て方が悪いんじゃないですか?」 と反発。

 時代を感じる。絶対今こんな発言できる人いないぞー





 終盤に打ち上げられる花火

 物凄い数、上がります。

 その花火を 11人並んで見つめる場面 。

 見ているこっちも涙線に ジワジワ 来た。

 この映画の中でしか体験できない感動ですね♪





 ちなみに原作「ぼくらの」シリーズはかなりの数シリーズ化されているそうです。

 なお劇中に登場する戦車は原作には登場しないらしい・・・。マジか

 私的にとても いい追加要素 でした。






 夢を見させてくれる映画、やっぱ最高だ!

 映像は古いものの、物語的に今見ても古臭さをまったく感じさせないパワーを感じました。





 「ぼくらの七日間戦争 とてもおすすめです。








予告編





gannma-.jpg
GAMMA3 THE GREEN SLIME BATTLE BEYOND THE STARS

1968年度作品
77分  / 日本/アメリカ
監督・・・深作欣二、田口勝彦
脚本・・・トム・ロー、金子武郎
出演・・・ ロバート・ホートン、リチャード・ジャッケル、ルチアナ・パルッツィ ル、バッド・ウィダム、ロバート・ダンハム、テッド・ガンサー、キャッシー・ホーラン

THE GREEN SLIME02 (800x457)

THE GREEN SLIME03 (790x600)

THE GREEN SLIME (800x552)

THE GREEN SLIME05 (800x376)

THE GREEN SLIME09 (800x561)

gannma-01 (800x600)

THE GREEN SLIME04 (800x508)

THE GREEN SLIME06 (800x594)

THE GREEN SLIME07 (800x426)



 あえて言いますが、B級映画を紹介する という縛りで依頼されている記事の締め切りが近いということで、あえて記事目的の為だけに初めて借りてみた作品。




 タイトルからして間違いないと思います。




 ただ実際のところ冒頭10分、選択ミスしたかな?と思いました.




 ですが、しばらく鑑賞してみて不覚にも没頭してしまった、侮れないB級作品です。
 




 改めて今回紹介する映画は、深作欣二✖️田口勝彦監督作 ガンマー第3号 宇宙大作戦 (1968年作品)。

 もうこの時点で明らかに B級 っぽさ漂ってきませんか?




 そもそも 3号 って?

 なんで1号じゃないんだよ。 突っ込みを入れたくなること間違いなし!






*あらすじ*

 地球への衝突コースを取る謎の惑星フローラ。宇宙ステーション・ガンマ3は惑星を破壊すべく事態の収拾に向けて動き出す。

 だがフローラと接触した探査船には謎の生命体が付着していた。その生命体はガンマ3のエネルギーを得て猛烈な増殖を始めていた……。







 内容は一言でいうならSFホラー「エイリアン」 を思い浮かべていただければ間違いありません。



 惑星探査に行ったメンバーの1人の宇宙防護服に奴らの粘液が付着。

 それに気づかず、船内(あえて言いますが、宇宙船内)で パニック に。




 「斬新だな」 と思ったのは奴らは電気を餌とします。

 だから光線銃、撃ちたくても撃てないんです。吸収しますw



 奴らスライム状になってもからボコボコ湧き出てきます、この描写が相当 気持ち悪い です。
 
 攻撃は電気ショック。食らうと当たり前ですが 真っ黒焦げ になります。





 なので、なかなか太刀打ち出来ない為、常にハラハラドキドキ!





 ちなみに本作、スタッフはほぼ日本人、出てくる役者は全てハリウッド俳優、セリフは日本語吹き替えという 特殊な作品 です。


 フローラ遊星人は 着ぐるみ全開な造形 ですが、これがとにかく味があっていい!

 終盤はうじゃうじゃ出てきます。




  あぁ、B級映画万歳!

 あのタランティーノ監督もお気に入りの一本でもあったりします。





 大冒険科学映画 ガンマー第3号 宇宙大作戦 是非ご覧あれ!おすすめです。







【予告編】


【本編抜粋】







bakuman.jpg

2014年度作品
119分 / 日本
監督・・・大根仁
脚本・・・大根仁
出演・・・佐藤健 、神木隆之介、染谷将太、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、小松菜奈、田中洸希、岩井秀人、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー

bakumann18 (800x531)

bakumann09 (800x533)

bakumann (800x573)

bakumann16 (800x531)

bakumann07 (800x532)

bakumann03 (800x532)

bakumann15 (800x531)

bakumann04 (800x516)

bakumann12 (800x532)

bakumann10 (800x450)

bakumann06 (800x434)

bakumann13 (800x532)

bakumann14 (800x600)




 実写版 「バクマン。」 やっと見れました。ちなみに原作漫画は全20巻済み。

 前からかなり見たかった作品、劇場にて鑑賞、予想以上に 最高 過ぎたのでレビューします。






*あらすじ*

 かつて週刊少年ジャンプに連載していた今は亡き叔父で漫画家の川口たろうを尊敬し、一時は自身も漫画家を目指していたが、今は夢も持たず漫然と日々を過ごしていた高校生の真城最高。

 ある日、ひょんなことからその高い画力に目をつけられ、秀才のクラスメイト高木秋人に“俺と組んで漫画家になろう”と誘われる。

 最初は渋っていた最高だったが、声優を目指す片想いのクラスメイト亜豆美保と“お互いの夢が叶ったら結婚する”という約束を交わすことに成功し、漫画家の道へ進むことを決意する。

 こうして秋人が原作、最高が作画を担当して漫画家コンビを結成した2人は、日本一売れている漫画雑誌・週刊少年ジャンプの連載目指して悪戦苦闘の日々へと身を投じていくのだったが…。







 本作は 高校生二人組 が、日本国民なら誰もが一度は目にしたことがある、あの有名漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」での連載を目標に青春を燃やす姿を描いた作品です。




 紙の上をGペンで走らすあの独特な音、いいなぁ。




 思えば自分も映画脚本に専念するまで、

 中学生〜高校1年くらいの頃までにGペン、スクリーントーンなどの漫画家必須道具を揃え、漫画家を目指していた。

 しかしある日「ロード・オブ・ザ・リング」という ぶったまげる 実写映画 に出会うまで、それは続いた。




 そんな経緯もあり、とても興味深く漫画制作の裏側見ることができました。

  と、いうか

 なんすか、序盤のサクサクテンポ!




 もし自分がこの映画の編集権を握ったら、切れるところがワンカットもありませんよ!

 っていうくらいに119分密度タップリで描かれます!




 恐ろしい程スピィーディーに進む物語もそうですが
 
※ 内容薄いってわけではありませんよ

 ホント、漫画という媒体を使ってここまで面白い見せ方ができるとは、何度も感動ならぬ、身震いしました。




 夢に向かってがむしゃらに突き進む

これだけ、聞けば

 くっさいなー、青臭いなー

なんて普通は思うけど、




 この2人の夢を追う姿は、本気 でカッコいいと思った。

 この映画だけで、飯3杯いけます。




 冗談はさておき、

 やはり プロ になるには諦めなければならないものがある。




 高校生漫画家 ということで学校には行っているものの、授業という授業は何処か上の空だ。

 そもそも真面目に勉強してるシーンが一度として、出てこない。

 でも彼らの没頭している姿を見ると、許せる。

 確かに学校行くのは重要だけど、彼らにとっては漫画

 天秤にかけるまでもなく、漫画に 青春 を注ぐべきだと思った。




 ライバルとなる染谷将太さん演じる新妻エイジ、

 6才から漫画書いてるこの天才漫画家、雰囲気からして明らかに友達いない感 半端ない

 孤高 という言葉が似合い過ぎる男だ。正に漫画を書く為に生まれたような人間。


 そんなエイジと どっちが先に週間人気投票一位 を勝ち取るかというカケをし、毎週戦います。




 ここで描かれる バトルシーン がとにかく熱い!

 床一面に広がった用紙に Gペン(墨汁演出)にて絵を書いて相手目掛けてぶつける。

 相手もそれに対抗にぶつけてくる。文字通り、ぶつかり合う作品同士。

 接近戦はGペンでの攻防が繰り広げられます。

 2対1 の激しいバトル。

 漫画ならでは の、斬新過ぎるバトルに物凄く引き込まれました!

 あとここでかかる音楽が物凄いピッタリとハマっていましたね。




 魂削りながら、漫画書く。

 そして2人でキチガイみたいに 「ウォー!!」 と咆哮。

 この場面、遠目から見るとバカ丸出しなのですが、彼らの頑張っている姿を見てからだと清々しくて見ているこっちまでも、叫びたくなってくるくらい。ホント共感できました。




 ヒロインは小松菜奈さん。

 佐藤健さん演じる 最高 が熱中するのも無理はないくらいのキラーカット連発。存在感をこれでもか遺憾なく発揮されています。



 
 神木隆之介さん演じる原案担当の高木が ボー っと体育の授業を受けているクラスメートを冷めた目で見ている場面。

 突如描きたい内容が閃き、 頭の中で次々に物語が作られる過程 が展開されます。

 来ターー!

 この表現は、物語を作る身としてもとてもシックリ来ましたね。話が線で繋がった時の気持ちよさったら、堪らないんだよね!





 鑑賞後、一切迷うことなく 週間少年ジャンプ をレジに持っていきました。映画上映期間、確実にジャンプの売れ行き上がったのは間違いないと思います。

 




 何度も登場する ‘ 友情・努力・勝利 ’の力って凄いな。

 映画バクマン。オススメ!








【予告】






tuminokokuhaku000.jpg

2015年年度作品
120分 / 日本
監督・・・大塚祐吉
脚本・・・大塚祐吉
出演・・・ 内野聖陽、吉本実憂、谷村美月、葵わかな、宇野愛海、吉田美佳、堀部圭亮、 利重剛、加藤雅也
キャッチコピー → 事件か、事故か。死んだ娘の親友は悪魔でした

tuminokokuhaku21 (800x533)

tuminokokuhaku11 (800x533)

tuminokokuhaku09 (800x533)

tuminokokuhaku20 (800x533)

tuminokokuhaku08 (800x533)

tuminokokuhaku (800x508)

tuminokokuhaku14 (800x533)

tuminokokuhaku15 (800x534)

tuminokokuhaku18 (800x533)

tuminokokuhaku12 (800x533)

tuminokokuhaku01 (800x534)




 以前、YouTubeにて予告編を見て以来、

  気になっていた 作品





 邦画罪の余白、劇場にて鑑賞しました。

 監督さんは「スープ ~生まれ変わりの物語~ 」の大塚祐吉監督。







*あらすじ*

 ある日、女子高生の安藤加奈が教室のベランダから転落して死亡する。大学教授の父・安藤聡は、娘の突然の死を受け止めきれず、酒浸りの日々を送る。

 ところが、ふとしたきっかけから娘の日記を発見し、木場咲というクラスメイトが娘の死に深く関わっていることに気づく。彼女は美しく聡明でスクールカーストの頂点に君臨する生徒たちの憧れの的。

 しかし、その邪悪な裏の顔を知った安藤は、咲に自分の罪を認めさせるべく迫っていくのだったが…。






 死なれた娘の父親自殺誘導した女子高生

 目線が均等に描かれます。





 目を合わせたらヤバイ雰囲気。

 クラスメートに自殺をほのめかし、自殺に追い込んだ張本人。

 吉本実憂さん演じる 木場咲悪魔 かって言うくらいかなり 悪どい です。





 でもなぜか完全に憎めない、ココまでくれば悪のカッコ良さ もすら感じられます。

 そもそも彼女は とある目標 に向かって行動しているだけなのだ。

 その道なりにある邪魔な物を単純に排除するだけ。

 やり方汚いが、ところどころ 感情移入 してしまう このもどかしさ。




 そのとある目標とは、 女優になる という




 その夢を叶える為、それ以外に興味を持たず、全ての物事においての解釈も 女優 というキーワードを中心に考え、行動に移す。




 相手に合わせ これがベスト だと思える役を演じきる。

 例えば警察に疑惑をかけられ聴取される立場に立たされると 女子高生 という身分を生かしか 病んで 見せたり、

 また、自分より人間レベルが下だと判断した場合(年上も含む)には 蹴落とす態度で真っ向勝負する。





 なにくわぬ顔で

 顔色を相手に合わせ

 直接手を下さず、言葉だけで精神的に追い込む



 まさに悪魔という名がふさわしい。

 狂気 すら感じられます。






 ああ怖い。






 今回、この映画のもう一人の主人公でもある行動心理学者 内野聖陽 さん演じる安藤。




 自分の娘が餌食となり

 精神的に追い込まれます。

 身分の差 で手出しできない 歯がゆい気持ちを味わいます。







 回想シーン

 買い物帰り、車内で父親と2人。

 父の弱点がと知り、攻撃。

 案の定、車内で笑う、はしゃぐ、もがく。



 このなにげないシーン。

 見ていててとても印象に残りました。





 いろんな立場から観れる映画だ。

 一概にどっちが悪いとは言い切れない。

 どちらの気持ちも分かるのだから。






 ちなみに鑑賞時、かなり睡眠不足状態で鑑賞したのですが、全然眠くならず

 むしろ目が醒めるくらい熱中してしまいました。





 とても考えさせられる内容

 シッカリ残る映画です。





 罪の余白 おすすめです。









【予告】


【本編抜粋①】


【本編抜粋②】


【主題歌PV】金魚わかな「ダブルバインド」


【吉本実憂コメント 】







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。